AHI NEWS

メダカに考える

昨年の夏、近くの竹島水族館が、コロナで閉館中の支援を求めて

いろいろな発信をされていました。

いろいろなお土産のまとめ買い(開館の見通しがないまま、賞味期限が

迫ってしまうため)を何種類かがあり、私はネーミングに惹かれて

「わらしべ長者セット」を購入しました。

海の生き物を象ったサブレが数箱、わらしべ長者になるべく(笑)

あちこちに配りました。

 

もう一つが「メダカセット」でした。

時間を決めて、水族館の玄関での受け渡しでした。

確か1000円で15匹、赤いメダカや黒いメダカ、

背中が光っているものなど、とてもカラフルでした。

トロ箱(60×100センチ位。プラスチック製のセメントを混ぜるための箱)で、

育てていたスイレンや蒲を整理して、そこをメダカの住処に。

 

色とりどりのメダカが、スイスイと気持ち良さそうに泳ぐ姿に、

心癒されました。

 

そして、そこに入れていた水草を別のバケツに移して

しばらくすると、子メダカが泳ぐようになります。

わかってはいましたが、色とりどりのメダカの二世は錦鯉のようなまだら模様が

多いです。

 

そんなこんなで、昨年秋には全部で80匹くらいのメダカになりました。

こんなに増やしてしまっては、大変。

今年の夏は心を鬼にして、知らんふりをしようと思っていましたが、

子メダカの可愛らしさを思うと、どうにもあきらめがつかずに、

二つの瓶に、水草を一つずつ入れました。

 

写真のように一つの瓶には、大きさの違うメダカが

5~6匹になりました。大きさは4段階くらいあるので、

産み付けられたタイミングも4回ほどあったのかもしれません。

 

もう一つの瓶には、メダカが一匹だけ孵化しました。

でも、どれだけ待っても一匹だけです。

瓶という閉じられた空間の中で、一匹だけ。

ということはこの世界に自分だけということ?

それって、いいの?

見ているこちらが、次第に不安になってきました。

他者のいない世界って、どういうものなんだろう?

メダカって、世界をどう認識しているのだろう。

 

なんだか、私が耐えられなくなって、新しい水草に入れ替えて

みましたが、なかなか二匹目が見えません。

水草を三つくらい入れ替えた時に、やっと小さな小さな透けるような

子メダカが一匹泳ぐようになりました。

でも、先の一匹は底の方にいるらしく、一緒に泳ぐ姿は見られません。

 

癒されるつもりが、この宇宙の孤独に悩むことになってしまいました。

 

一方で昨年からのメダカたちは、私の気配を感じると

大きめのトロ箱のこちらの方に寄ってきて、エサを待っています。

ちゃんと学習能力があるんだと驚きながら、

メダカのお母さんになった気分で、うれしいです。

 

メダカを飼うことも一筋縄ではいきませんね。

 

職員はさだ

 

 

 

 

 

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. 今朝は久しぶりの朝の散歩に行ってきました。夏の暑さに負けて、しばらくご無沙汰していました。
  2. 福島原発事故後、鎌倉市内で脱原発パレードを行った女性たちを中心に、食や地域の文化を見つめなす市民を追...
  3. 10月1日~11月30日まで、日進市内のあちこちでプログラムが開催される、にっしん観光まちづくり協会...
ahifacebook
ahiinstagram
ahifacebook
ahiyoutube
Top