AHI NEWS

日本は今が正念場?~まだ声を出せるうちに・・・

 

南アフリカ共和国に本部を置くNGO「CIVICUS」のブログに、日本の市民社会スペース状況に関する記事が投稿されています(1月14日付)。

市民社会スペース、という言葉も聞きなれませんよね。
市民の人権が守られ、誰に脅かされることなく、自由に意見を発し、集まり、グループを作り行動することができる、民主主義の基盤となるもの、という感じかと思います。

CIVICUSが昨年末に作成した報告書では、日本でのそうした環境は「狭まりつつある」と分析されています。
今回の記事では、それを裏付けるような具体的な事例が紹介されています。
独立した国内人権機関がないこと、トランスジェンダー女性が公立女子大学に入学できない問題、日本学術会議の委員任命拒否問題など・・・
一方で、国内外の人権侵害に対しておきている様々な日本市民の運動(東京五輪、中国によるモンゴル人迫害、香港の国家安全維持法への反対運動)も紹介されています。

「狭まりつつある」けれども、そうならないよう「声をあげつづける」こと。
それがまだまだ、できるうちに。
日本は今が正念場ともいえるのかもしれません。

よろしければ、ぜひ、ご一読。

ACADEMIC FREEDOM AT RISK, BARRIERS FOR TRANSGENDER WOMEN AS NGOS SUBMIT REPORTS TO UN ON JAPAN    THURSDAY 14.1.2021

https://monitor.civicus.org/updates/2021/01/14/academic-freedom-risk-barriers-transgender-women-ngos-submit-reports-un-japan/

twitter:https://twitter.com/CIVICUSMonitor/status/1349598263150710784

 

AHI 清水

 

このブログを紹介するtwitter投稿へのリンクはこちらです。

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. 2021.3.3

    冬レシピ
    切り干し大根に挑戦する、とおっしゃって持ち帰られたボランティアのKさん。
  2. しばらく前に他の職員が、このブログでもご紹介しましたが、AHIのギフトリレーとして、皆さんに...
  3. ミャンマー国軍のクーデターに抗議するミャンマーの市民の運動は、一か月たってもやむことなく続いています...
ahifacebook
ahiinstagram
ahifacebook
ahiyoutube
Top