『学ぶことは変わること 自分と地域の力を引き出すアイディアブック』出版!

“Helping Health Workers Learn”は、「健康な地域づくり」を目指す人のための必読書。1982年の初版以来、世界各国で翻訳&出版されているベストセラーです。このたび、原著を知る多くの方の思いと20名以上の翻訳ボランティアのご協力によって、その日本語訳「学ぶことは変わること 自分と地域の力を引き出すアイディアブック」(電子書籍)が完成しました!

保健研修を素材にしていますが、ここで問われている「健康」は、体の健康を超えた社会全体の健康です。ひろく開発・地域活動・教育にかかわる方にこそ、ぜひ読んでいただきたい本です。

健康問題にとりくむことは社会の不公正にとりくむことだと教えてくれます。そして、一人ひとりが、社会を変える人になる。そのために、「どんな教え方・学び方が行動を生み出す?」「教え手と学び手の関係とは?」「何のために学ぶの?」「学ぶとはどんなこと?」という疑問に広く答えます。「学ぶ」ことの本質がわかる、ハウツーを超えるためのハウツー本です。

実は、海外で活動する保健ワーカーの方の多くがお持ちであろう『医者のいないところで(Where There Is No Doctor)』(SHAREさんから翻訳本がでています)の姉妹本でもあります。この本を読むとより理解が深まり、「保健」の見方や活動の視野が広がること、間違いなしです。

またこの本はイラストも盛りだくさん大事なメッセージは太字だったり囲みがあったり目で「見て」読めるのも魅力です。

ぜひお手元に!

「学ぶことは変わること 自分と地域の力を引き出すアイディアブック」(電子書籍)

監訳 アジア保健研修所(AHI)・Bridges in Public HealthBiPH
価格 2980円(税込)B5640
★ご購入はこちらからhttps://hhwljapanese.base.shop/items/67777981
もしくはちらしのQRコードから。
*特設サイトで内容の一部を紹介中!https://onl.la/paM4Y68

■こんな方におススメ!
地域の人たち自身による地域づくりをすすめたい
*地域の課題を共有する仲間を広げたい
*学校で子どもたちの主体的な学びの場を生み出したい
*ウケる&効果的に伝わる&行動につながる教材を作りたい

■640ページ以上!? でも大丈夫!
関心に沿ってどの章からでも読めます。
そしてこの本はイラストも盛りだくさん。大事なメッセージは太字だったり囲みがあったり、「見て」読めちゃいます。
本をパラパラめくって、気になるイラストやキーワードを見つけたら、その章をまず読んでみましょう
特設サイトで内容の一部を紹介中!→https://onl.la/paM4Y68

<お問い合わせ>
アジア保健研修所(AHI)  Tel: 0561-73-1950 e-mail: info@ahi-japan.jp
Bridges in Public Health (BiPH)  Tel: 052-846-5878  e-mail:adm.office14@biph.jp