AHI NEWS

アンネのバラ、一番美しいものを捧げた

日進には「アンネのバラを広め隊」として

活動されている方たちがあって、

市内の公共施設や学校などにも、アンネのバラが

植えられています。

 

アンネのバラは、ベルギーの育種家ヒッポリテ・デルフォルヘが

自らの作り出したバラの中で、一番美しいものを

アンネ・フランクの父であるオットー・フランクに

アンネの形見として捧げました。

以来、オットー・フランクはアンネの思い出、平和への祈りを込めて、

このアンネのバラを世界中に広めていきました。

 

日本には1972年に初めて、その後にも複数回、オットー・フランクに

よって贈られています。

 

アンネのバラは、蕾の時は赤、開花後に黄金色、

サーモンピンク、そして赤へ変色する特徴があります。

これは、もし生き延びる事ができたなら、

多くの可能性を秘めていたアンネを表現しているとのこと。

 

 

 

 

AHIのアンネのバラ、

今日もいろんな色合いを見せてくれています。

すべての人が、自らの可能性を見ることができますように。

 

職員はさだ

 

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. 来年度に開催予定の国際研修の参加者たちと、オンラインの全体会合を重ねています。
  2. 2014年から現地の研修生と協働で行ってきたパキスタンでの研修。
  3. コロナ禍ゆえに、思わぬ出会いがありました。お相手はヒトではなく菩薩像。
ahifacebook
ahiinstagram
ahifacebook
ahiyoutube
Top