AHI NEWS

アスファルトの耐用年数は10年

この数年、外回りの掃除をしていると、
上の写真のように、アスファルトの間に草が生えているのが、
目につくようになりました。

歌にもあるように、
どこかの道路で、アスファルトの間に花が咲いていたりしたら、
心の中で応援したり、励まされた気持ちになったりします。

しかし、責任を感じる範囲で、それも草が枯れていたりすると、
なんとかしなければというモードになります。

でも、こういった隙間に生えている草を抜くのは、そこそこ大変。
ズバッといかない分、ストレスがたまります。
(そんな草取りをしていると、病院の患者さんが「大変だよねえ」と
声をかけてくださいます。うれしいです)

実は6月の理事会の最中に、「あ~そうか」と納得する瞬間がありました。
2019年度の決算報告の中で、AHIの構築物(よう壁や排水設備、フェンス、アスファルト)の
現在の帳簿価額は5円なのに気づきました。

減価償却表をよく見れば、アスファルトの耐用年数は10年ということになっています。
AHIの会館ができて38年、駐車場のアスファルトは、配管などを替える時に掘り返して
補修はしていますが、その分つぎはぎになっていて、その隙間に草が生えています。

不思議なもので、とっくに耐用年数をすぎて、帳簿価額も5円なのに、
まだがんばってくれていると思うと、いとおしいような。
草取りもがんばろうっと。

職員はさだ

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. 2020.10.27

    冬支度
    気がつけばもう10月も終わり。AHIの建物のまわりの木々の葉も赤く染まっています。
  2. 日進には「アンネのバラを広め隊」として活動されている方たちがあって、市内の公共施設や...
  3. 今日(10/24)、ドキュメンタリー映画をみました。
ahifacebook
ahiinstagram
ahifacebook
ahiyoutube
Top