AHI NEWS

「いつもなら研修の真っただ中なのになぁ」と思う瞬間

「いつもなら研修の真っただ中なのになぁ」と思う瞬間があります。
そのひとつが、AHI会館の裏庭に彼岸花が咲いているのを見つけたとき。
彼岸花って、ほんとにちゃーんとお彼岸に咲きますねぇ。

彼岸花には不吉ないわれもありますが、私は好きです。

子どものころ、よく祖母にくっついて墓参りに行ったのだけど、
周辺の草を抜いたり刈ったりするときに、
彼岸花だけはさわらず、そのままにしておくようにきつく言われました。
球根に毒があるんですってね。
そんな子ども時分のことを思い出させてくれます。

それから「ごんぎつね」を思い出します。
おはなしの中で彼岸花が咲いている描写があり、黒井健さんの絵も赤い色がとても印象的です。
毎年、AHI会館の裏に彼岸花が咲いていることに気づいたら必ず、
「ごんぎつね」の絵本を読みます。
国際研修で忙しいさなかでも、というか、忙しいさなかだからこそ、
心をととのえて絵本を開き、
ゆっくりとお話しを読んで、黒井健さんの絵を隅々まで眺めるようにしていました。

今年は国際研修はないけれど、変わらずに、心おだやかにして「ごんぎつね」を読もうと思います。

職員 髙田

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. 2020.10.27

    冬支度
    気がつけばもう10月も終わり。AHIの建物のまわりの木々の葉も赤く染まっています。
  2. 日進には「アンネのバラを広め隊」として活動されている方たちがあって、市内の公共施設や...
  3. 今日(10/24)、ドキュメンタリー映画をみました。
ahifacebook
ahiinstagram
ahifacebook
ahiyoutube
Top