AHI NEWS

新しい動き、たくさん生み出されますように!

昨日、Facebookで、知り合いからお誘いされたのが、

「コロナ支援・訳あり商品情報グループ」というものでした。

 

 

コロナの影響で、たくさん用意したものが売れなくなって

困っている方たちと、そういった方たちを少しでも支援できればと

考える人たちをつなげる場として、作られました。

なんとこのグループを立ち上げて、6日で17万人を超える人が

参加されています。

 

福岡で鶏を平飼いされている方は、学校の給食がなくなって

飲食店が閉まり、鶏たちが日々生んでいる卵が過剰生産に

なっているとか、

 

3,4月の歓送迎会を見越して大量に仕入れたウナギが

売れなくて困っているウナギ屋さん、さらに浜名湖では

出荷待ちのウナギも詰まっていて、このままでは

いたずらに死んでしまうのではと心配しているとか、

 

高知県のダリヤが、消費されずに、毎日1000本単位で

捨てられていくのをなんとかしたいとか、

 

そんな生産者や流通を担当している方、

お店の方が、次々と投稿されています。

そして、こういう場を作ってもらったことへの

心からの感謝がつづられています。

 

私の実家でも、梨を作っていますが、

もしせっかく美味しく実っても、誰にも

食べてもらえない状況になっていたら、

どれほど悲しいだろうかと想像できます。

そして、それぞれの「もの」には、いろんな思いや

物語があることもわかりました。

 

 

商品は最低でも30%以上は安く、というのが

取り決めされているようですが、とにかく在庫を

なんとかしないとという方もあり、驚くほどに

お値打ちになっているものも多いです。

 

投稿を受けては、コメント欄にたくさんの

注文が寄せられ、中には完売御礼という

再投稿もありました。

 

これからも、この事態をなんとかしようという

取り組みがあちこちで、なされていくことだろうと

思います。楽しみですね。

 

AHIの元研修生たちも、厳しい状況にある人たちの

ために、いろんな動きを作り始めているようです。

 

「アフターコロナ」という言葉を、見るようになりました。

大切なことを、今よりももっと大切にできるようになりますように。

 

 

トップの写真は、桜の花びらが「ふきだまっても、桜色」な一枚。

この下の写真は、実は同じ構図の写真がスマホに2枚あったもの。

銀行とか、おでかけから帰ってきて、駐車場に車を止めるたびに

「おお~、美しい」と、写真に収めました。

この前撮ったことはすっかり忘れて。

 

職員はさだ

 

 

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. この数年、外回りの掃除をしていると、上の写真のように、アスファルトの間に草が生えているのが、...
  2. 「いつもなら研修の真っただ中なのになぁ」と思う瞬間があります。
  3. 日中もさわやかで、気持ちの良い季節になりましたね。
ahifacebook
ahiinstagram
ahifacebook
ahiyoutube
Top