AHI NEWS

モンゴル見聞録③ 白い食べ物たち

写真:樽でヨーグルトをつくる(左)、ミルクは牛の革袋で保管(右)

 

モンゴルで乳製品は「白い食べ物」と呼ばれます。

 

日本では乳製品はスーパーマーケット等で一年を通して買うことができますが、

遊牧の暮らしのなかでは、春に家畜が出産したあとの季節の食べ物です。

 

 

生れて間もないヤギの赤ちゃん♡

 

地方でゲルを訪問した際に、何種類かの乳製品を味わせてもらいました。

馬乳酒 “アイラグ”、 バター(クリーム?)“ウルム”、ヨーグルト、各種チーズ。

どれも酸味があって、日本で手に入る乳製品とは違います。

 

「外国のお客さんの中には、おなかの具合を気にして乳製品をとらない人も

いるけど、あなたは私たちと一緒に何でも飲んだり食べてくれるわね!」と、

家の人たちが喜んでくれました。

私もおなかの心配をしなかったわけじゃないけど、せっかくの機会なんだから

食文化は体験したいですもんねー。

 

バターのような、生クリームのような“ウルム”はパンにたっぷりつけて食べます。ふわふわの食感は新鮮だからこそ!

 

牛の乳からつくったヨーグルト

馬乳酒“アイラグ”

チーズ。「昔の子どもはいつもこの硬いチーズを食べていたから、あごが強くなったし、口腔衛生にもよかった。今はキャンディにとってかわられて、虫歯が増えた」と、マンダさん(2017年、モンゴルからの研修参加者)は言います。

ゲルに行くと、器に盛られたチーズやスナック類を振舞われます。いきなり食べ物を掴みかかるのは失礼にあたります。まずは器に軽くタッチ、それから食べ物をとってくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12年前、ゴビ砂漠の中にある村に2か月間滞在していたときは、ラクダの肉や乳を食べていました。

今回訪れたのは北部だったので、ラクダにはありつけなかったのが残念。

職員 髙田

 

 

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. 日中もさわやかで、気持ちの良い季節になりましたね。
  2. 私の実家の母は梨を作っています。
  3. 今週21日の月曜日、AHIオープンハウス2020が開催されました。
ahifacebook
ahiinstagram
ahifacebook
ahiyoutube
Top