AHI NEWS

思い込みはすでにあなたの中にある

今日AHIに届いた冊子「戦略経営者」。

TKCの会計システムを入れているので、

毎月送られてきます。

 

今回の特集は「ミスを防ぐ~ヒューマンエラーの心理学」でした。

人は状況などから手がかりになる情報を受け取り、

そこに結びついている知識やスキルを記憶から

取り出して、行為や判断をするのですが、

その取り出し方には「自動処理」と「制御処理」があります。

「自動処理」は走る時に手足を動かしたり、キーボードを打つ時の

ように無意識にすること。

「制御処理」は意識的に注意を向けて取り出される記憶のこと。

 

本来、意識的に注意を向けて対処しなければいけない「制御処理」すべきことに

無意識に(うっかり)慣れている「自動処理」(思い込み)をしてしまうこと

が多いとのこと。

 

ああ、私のことかも。


 

 

 

 

 

 

これを回避するためのチェックポイントとして

15の項目が挙げられていました。

①いつもと違うことをするときは注意

②同じパターンが続くときは注意

③思い込みはすでにあなたの中にある

④大丈夫ということばかりに目が向く

⑤まぎらわしいものは見間違う

⑥整理整頓でエラー防止

⑦「後で」はできそうだができない

⑧「後で」やるためには手がかりをつくる

⑨ゆっくりやる

⑩同時にたくさんのことには注意できない

⑪注意が向かないものは見えていない

⑫不安も注意を奪う

⑬能力の高い人はプレッシャーに弱い

⑭不安は書くと消える

⑮同じ事に注意を向け続けられない

 

たぶん、きちんとしようと思っている方にとっては

目新しいことはないかもしれません。

 

私自身も、⑦⑧のためにも、手帳にするべきことを書くように

していますが、先日はその手帳を失くしてしまい、

見つかるまでは、不安で不安で。

 

この特集記事は、建設現場の安全管理や

情報漏えいの問題も取り上げているのですが、

情報漏えいを防ぐための三つのポイントの

一番目が、「発生時の体制を整える」でした。

防ぐため、と言いながら、起きてしまった時の対応から

考えるのは少し不思議な感じもしたのですが、

何人かの書き手の方が異口同音に言っているのが、

「人はミスをするもの」という認識から始めるということでした。

 

③の「思い込みはすでにあなたの中にある」。

ここまで、書いてきて、今さらなんですが、

あまり注意しろと言われると、

まあ、なるようにしかならないしと

うそぶきたくなったりして。

 

いやいや、いけませんね。

 

職員はさだ

写真はいずれも今朝のAHIのまわりで撮ったものです。

 


 

 

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. この数年、外回りの掃除をしていると、上の写真のように、アスファルトの間に草が生えているのが、...
  2. 「いつもなら研修の真っただ中なのになぁ」と思う瞬間があります。
  3. 日中もさわやかで、気持ちの良い季節になりましたね。
ahifacebook
ahiinstagram
ahifacebook
ahiyoutube
Top