AHI NEWS

インド見聞録③ インド最長の橋

ブラマプトラ川は、インド北東部を東から西へと貫いて流れています。

2017年5月、約20年の月日を経てドホーラサディヤ橋が開通しました。

全長約9km、インド最長!

 

開通から約2年が経ちましたが、遠くからこの橋を見に来る人は後を絶ちません。

かつては人も車もフェリーで川を渡っていましたが、

橋ができたおかげでアッサム州とアルナチャル・プラデシュ州の往来がとても便利になりました。

今も河岸にはフェリーが待機する

 

この橋が人びとの生活に資することは多いですが、しかし、軍事的な機能も持っています。

 

アルナチャル・プラデシュ州は中国と国境を接しています。

中国政府は同州の大部分の領有権を主張し、

インドの首相や大臣が同州を訪れるたびに、抗議声明をだします。

その影響もあって、同州の開発にはおのずとブレーキがかけられてきました。

しかし近年、中国が国力を増すなか、両国間の緊張が高まり、

インド政府もじわじわと“対応”を進めつつある、といったところでしょうか。

「有事の際には、この橋でもって大量の軍事物資や兵員を送ることができ、

戦車さえも渡ることができるんだよ」と、現地の人が言いました。

 

ドホーラサディヤ橋がいつまでも、

人びとが雄大なブラマプトラ川の流れを眺め、

記念撮影を楽しむだけの場所であることを願うばかりです。

職員 髙田

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. いよいよ梅雨らしくなって来ちゃいました。今晩からしばらく雨、だそうですね。
  2. ご報告がずいぶんと遅くなってしまいましたが、公益信託アジア・コミュニティ・トラスト(ACT)のニ...
  3. こんにちは。
ahifacebook
ahiinstagram
ahifacebook
ahiyoutube
Top