AHI NEWS

5/19(水)、5/29(水) 国際研修の選考会を見学しませんか?

今年の国際研修の選考が始まりました。
アジア12か国から52名の応募があり、5月末までに12名を選びます。

「どうやって選考しているの?」というご質問を
多くの方からいただくので、簡単にご説明します。

– – – – – 国際研修の選考の過程 – – – – – – – –

I) 応募締め切り(4/24)から、1回目選考会(5/15)まで

研修担当スタッフ3名が分担して、応募書類を読み込み、
以下のことをピックアップします。
■取り組み課題、支援対象者/グループ
■活動における強み
■活動において弱いところ=これから強化したいところ
文章から、英語力や論理的思考力、所属団体のバックアップ体制が十分か否かも判断します。

II) 5月15日(水) 1回目選考会

研修スタッフが集まって、上記のことをシェアしあいます。
コメントを出し合い、スカイプ面接で質問すべきことなどを確認します。

選考会は盛り上がりますから、翌日、冷静になって、
スタッフ全員で1回目選考会で話し合った事柄を再確認します。

III)1回目選考会(5/15)から、2回目選会(5/29)まで

研修担当スタッフ3名が分担して、応募者とスカイプや電話で面接をします。
必要に応じて応募者の上司や団体代表とも話をします。
直接話しをすると、英語のレベル、ロジカルな思考力の有無、
ひととなり なども掴むことができます。

特に、初めて応募してきた団体については、同じ地域で活動する元研修生に連絡して、
団体や応募者に対する客観的な情報・意見を集めます。

IV)5月29日(水)2回目選考会

研修スタッフが集まって、スカイプや電話で面接で得た情報や感触をシェアします。
そうした情報を見比べて、一番「いい学び合い」ができる12名の組み合わせを考えます。
経験豊かな人トップ12を選ぶわけではありません。
組み合わせのパターンが複数が提案されることもあります。

V)5月30日(木)事務局会議→理事長決済

スタッフ全員が集まって、提案された12名の組み合わせが妥当かどうか、入念に検討します。
そのうえで合格者12名を最終決定し、理事長の決済を得ます。

百聞は一見に如かず。ご関心&お時間ある方、ぜひ見学にいらしてください!!!

職員 髙田

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. AHIの元事務局長である池住さんと映画「コスタリカの奇跡」にも登場した青年弁護士による平和を考える講...
  2. ブラマプトラ川は、インド北東部を東から西へと貫いて流れています。
  3. AHIが加盟している名古屋NGOセンターが主催のNたまの募集が始まりました。
ahifacebook
ahiinstagram
ahifacebook
ahiyoutube
Top