AHI NEWS

カブトムシとAHIとわたし

AHIの仕事や国際協力とまったく関係ない話ですが

(とこれを読んで関心ないと思われた方はそっとページを閉じてください)、

昨年秋から自宅でカブトムシを育てています。

 

引取った時は小さかったのが、

数ヶ月の冬眠から目覚めたのに気づいた時(4月でした)には

手のひらいっぱいの大きさになっていてビックリ。

さすがカブトムシ、幼虫も迫力があります(写真は5月)。


 

 

 

 

 

 

 

5月も半ばをすぎると、最近では、

「蛹室(ようしつ)」というらしいのですが、

サナギになるための部屋を土の中で作りつつあるのが

うかがえます。


 

 

 

 

 

 

今後サナギになると、その厚い殻の中では、

イモムシからカブトムシに大変身するために

体のあちこちを壊したり、作ったり、

ものすごい勢いで体の組織の再構築がされるんですって。

 

イモムシ(幼虫)からサナギになって、

ぜんぜん形が違うカブトムシに変身するプロセスって

とても神秘的で、とてもすごいと思いませんか!

 

一緒にするものではないかもしれませんが、

AHIもちょうど改修工事中で、

会館全体が飛散防止ネットで覆われた様子は、

サナギに見立てられるかも。

こちらも中ではあちこち壊したり作ったり、変身中です。


 

 

 

 

 

 

 

2つの変身が自分の身近でシンクロしていて、

何だか日々楽しみなのです♪

(のんきなこと言って他の職員から怒られそうです・・)

 

そういう私自身も、

当初はイモムシを直視することすらできなかったのに、

最近は小学生のようにカブトムシの観察が楽しみになっていて・・

何かが変化しています。

 

成虫になる頃にはいったい私に何が起こるんだろう。

変な期待感。

 

職員とりかい

 

 

 

 

 

 

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. 急な冷え込みの影響で、例年より長く楽しめた今年の桜も終わって、AHI事務所の窓から見えるトウ...
  2. 日本はもうすぐ10連休です。
  3. 今日、AHIの事務所のホワイトボードに小さなメモを見つけました。
ahifacebook
ahiinstagram
ahifacebook
ahiyoutube
Top