AHI NEWS

「歩留まりが悪い」もなんのその、になりたい!

写真は、朝の散歩で見つけた山栗です。

小さいですね。大きいもので直径2センチくらい。

どんぐりくらいの大きさです。

生産者が持ち込む「憩いの農園」では、普通の栗と

山栗と両方が販売されていました。

 

そこに山栗の説明のポップがありました。

「山に自生する原種の栗で、これが品種改良されて、

現在の一般の栗となる。味は素朴で美味しいが、

一般の栗と比べて、歩留まりが悪い」

正確ではないかもしれませんが、こんなことが書かれていました。

 

「歩留まりが悪い」って、正直すぎない?

と思いつつも、家でも時間との勝負をしている私は

普通の栗を買ってしまいましたが、

なんとなく、それからずっと心残りがありました。

山栗、食べてみたくありません?

 

で、道でみかけたこの山栗、拾っていこうか

しばらく悩みましたが、中が詰まっていそうなのは

1~2個です。それこそ歩留まりが悪いので諦めました。

 

売っていた山栗は、赤いネットに普通の栗と

同じくらいのボリュームが詰められていて、

お値段は少し安めだったような。

小さな山栗をあれだけ集めることは、どんなに大変か。

その手間をかけてくださった人こそ、

「歩留まりが悪い」って、言いたいのでは?

それでも、山栗への愛情か、食物一般への敬意かがあって、

店頭に並んでいるのでしょうか。

 

実は栗が欲しくて、最初に行ったスーパーでは

加工したむき栗しか売っていませんでした。

この栗の季節にまさかと思って、店員さんにお聞きしましたが、

やはり生の栗の販売はしていないとのこと。

私たちの生活が「便利が一番」に傾きつつあることを

実感しました。

 

よし、今度は山栗に挑戦してみよう。

 

職員はさだ

 

 

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. 日本障害者リハビリテーション協会主催のシンポジウムです。
  2. 最近は朝晩めっきり冷え込むようになりましたね。
  3. “藪から棒” 物事のしかたが思いがけないさまのたとえ。      だしぬけであるさま。
ahifacebook
ahiinstagram
ahifacebook
ahiyoutube
Top