AHI NEWS

AHIの窓からの眺め

 

AHIの建物は、周囲をヒマラヤスギやトウカエデの木立に囲まれています。

 

パソコンの画面からふと目を上げると、窓を埋め尽くす鮮やかな緑の葉。その隙間からは愛知牧場の青い空や白い雲を眺めることができます。

その風景の中、ときどき蝶や鳥が飛び交い、時にはカブトムシが網戸にとまることもあります。猿投山に続く山塊のすそ野ということもあり、自然の豊かさを感じる場所です。

 

夏になりアブラゼミの鳴き声が盛んに聞こえていましたが、最近はすっかりツクツクボウシの声にとって代わりました。もう少しすると、木々の葉っぱも色づきはじめ、季節の移り変わりを教えてくれることでしょう。

 

窓の外に時の移り変わりを感じながらも、一方では白い雲のはるか向こう、ミャンマーやアフガニスタンなどのアジアの地域では、今この瞬間も危険にさらされている人々や元研修生がいることを、思わずにはいられません。

 

夏から秋に、そして冬へとすっかり窓の外の景色が変わるころ、これら地域の情勢、そして世界のコロナ禍が少しでも良くなるように。そしてそのためには、AHIが、少しでも多くの人々とつながり、活動が拡大するにはどうしたらいいだろうか。

そんなことを考えながら、視線はまたパソコンに戻ります。

 

職員ごんだ

 

 

 

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. 今朝は久しぶりの朝の散歩に行ってきました。夏の暑さに負けて、しばらくご無沙汰していました。
  2. 福島原発事故後、鎌倉市内で脱原発パレードを行った女性たちを中心に、食や地域の文化を見つめなす市民を追...
  3. 10月1日~11月30日まで、日進市内のあちこちでプログラムが開催される、にっしん観光まちづくり協会...
ahifacebook
ahiinstagram
ahifacebook
ahiyoutube
Top