AHI NEWS

8月6日19:00~ オンラインセミナーお知らせ|~新型コロナの今。4ヶ国からの報告

オリンピックが連日報じられています。一方で何が起こっているのか。

アフリカ、南米、アジアからの報告です。どうぞご参加ください。

職員はやしかぐみ

**********************************

オリンピック・ゲームの裏で~新型コロナのワクチン・医療格差が広がる世界*
◆日時:2021年8月6日(金)19:00~21:30
◆ZOOMによるウェビナー ※要予約・参加費無料
◆申し込み:https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_bxIryP2nT26LY0pZCJHaPQ
◆報告者:
1. 南アフリカ共和国:マーザ・セユーム さん(アフリカン・アライアンス パートナーシップ
担当責任者、ピープルズ・ワクチン連合(PVA)アフリカ地域コーディネイター)
2. ブラジル:ジゼリ・マルチンスさん(Frente Mobilizacao da Mare(マレー運動前線))
3. フィリピン:ジョシュア・サン・ペドロさん(医師、保健開発協議会(CHD) 研修・サービス部長、
民衆健康への権利連合(CPRH)共同代表
4. ミャンマー:西尾浩美さん(AMDA社会開発機構 ミャンマー駐在員)

※逐次通訳あり
※プログラムは変更になる可能性がありますことをご了承ください。
★新型コロナウイルスのパンデミックは収束するどころか、新たな変異株の出現によって感染者数を十分抑えられていません。2021年7月15日現在、世界の感染者数は約1.88億人、死亡者は405万人であり、特に欧州、インド、ブラジル、南アフリカ、インドネシアでの感染が目立ちます。

★ワクチン接種によって重症化を抑えられている国・地域も増えてきましたが、接種は著しく先進国に偏っています。米国で接種を完了した人は人口の45%を超す一方で、世界ではまだ人口の10%(約7億
8200万人)にとどまっています。地域別では北米で人口の30%以上、欧州では28%が接種を完了したのに対し、南米は約11%、アジアは8%、アフリカは1%にも満たない状態です。

★このウェビナーでは、まさに五輪開催中に、世界のワクチン・医療格差の問題を改めてクローズアップし、問題の本質を考えたいと思います。このかん、国際市民社会はワクチン・医療品にかかる知的財産権の一時免除を
WTO・各国政府に求め、またそれら製品の製造拡大と公平・公正な配分を訴えてきました。これらの課題を含め、特に感染状況が深刻である国・地域からゲストを招き、現状報告をしていただきます。

主催:「新型コロナに対する公正な医療アクセスをすべての人に!」連絡会
連絡先:(特活)アフリカ日本協議会
東京都台東区東上野1-20-6丸幸ビル3F 担当:稲場雅紀、廣内かおり
TEL:03-3834-6902 E-mail: ajf.globalhealth@gmail.com

※本連絡会は、COVID-19
パンデミック下において、途上国・新興国への新規医薬品・新規技術の公正・平等なアクセスをグローバルに保障していくことを目的に政策提言を行っています。(AHIもメンバー団体のひとつです)

せっけんを配るNGOスタッフ。(インド、ラジャスタン州にて)

「新型コロナに対する公正な医療アクセスをすべての人に!」連絡会 ご参加・ご協力の呼びかけ 

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. 今朝は久しぶりの朝の散歩に行ってきました。夏の暑さに負けて、しばらくご無沙汰していました。
  2. 福島原発事故後、鎌倉市内で脱原発パレードを行った女性たちを中心に、食や地域の文化を見つめなす市民を追...
  3. 10月1日~11月30日まで、日進市内のあちこちでプログラムが開催される、にっしん観光まちづくり協会...
ahifacebook
ahiinstagram
ahifacebook
ahiyoutube
Top