AHI NEWS

がんばれ、アンネのバラ

上の写真のように、4月には見事に咲き誇っていた

アンネのバラですが、花の時期が終わると同時に

ハラハラと葉も散り始めて、

枝だけになってしまいました。

 

このバラのお世話をしてくださっているIさんから

葉っぱはまだ半分くらいはある時から、

「黒星病にやられたから、葉は全部落ちてしまうかも」と

言われていました。

そして予言どおりに、葉はきれいに落ちてしまいました。

 

Iさんからはその後、

「芽が吹いてきたら、その芽がやられないように、

一週間に一度くらい消毒してね」と言われました。

なので、その後は朝か夕方の葉焼けしない時間に

スプレーをかけています。

 

この写真は、少しずつ芽が出始めたところ。

 

黒星病は春や秋の多雨で発生するとのこと。

地球温暖化という大きな変化が、身近なところでは

春の多雨として出てきているのでしょうか。

 

同じバラ科である梨も、今年は黒星病にやられて大変とのこと。

アンネのバラも、梨も、みんながんばって。

 

職員はさだ

 

 

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. 今日は名古屋NGOセンターのプログラムにあるNたま生徒として初めてAHIに来させてもらいまし...
  2. *写真は少し前の福岡さんのお野菜に居た子どもかたつむりこんにちは、職員の...
  3. AHIの長年の支援者であるTさんより、表記のご案内をいただきましたので、ご紹介します。
ahifacebook
ahiinstagram
ahifacebook
ahiyoutube
Top