AHI NEWS

疑問を抱え続ける

6月14日に開始したオンライン国際研修。

そのオープニングで、AHI設立のスト―リーを

紹介しつつ、研修生にとってインパクトのある話を、

とお題を担当者からもらった。うなって考えたのが、

以前、AHIが掲載されていた英語の教科書サンシャイン

(開隆堂出版)の一節。

「ネパールの人びとの健康を守るにはどうしたらよいか。

もう一度ネパールに戻ってきて手術をたくさんすることもできる。

でも本当にそれが一番いいことだろうか?」ドクター川原は

自問自答しました。

というくだりです。中学3年生用の教科書ですから、英語自体は、

シンプルです。でもここに本当に大切なことが詰まっていると感じて、

外部でお話するときしばしば取り上げてきました。

それが彼らにとっていいことなのだろうか?と問う姿勢。そして

その疑問を抱え続けて自分なりの答えを見つけようとすること。

 

ひとしきり私の話が終わり、質問がいくつか出ました。

バングラデシュのサルナさん。

「もう私たちは自分の疑問(自分が答えを見つけたいもの・

問題と思っていること)はわかっています。欲しいのは、

答えです。どうやって問題を解決していったらいいか、その

答えです。

 

たしかにどうですね、サルナさん。

確かな答えを早く欲しいと私たちは思います。

誰かがそれを示してくれないかな~と期待してしまいます。

 

AHIの研修では、「先生はいません。いえ、ひとりひとりが先生です」

と言っているのに、すごい先生がどっかにいないかな~と。

 

オンラインでそれぞれの場にいる研修生の人たち。

忍耐が要るからこそ、他の人たちの力を借りつつ、

他の人たちを支えつつ、そんな道のりに

なるようにと願っています。

職員 はやしかぐみ

 

 

 

 

 

 

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. 今日は名古屋NGOセンターのプログラムにあるNたま生徒として初めてAHIに来させてもらいまし...
  2. *写真は少し前の福岡さんのお野菜に居た子どもかたつむりこんにちは、職員の...
  3. AHIの長年の支援者であるTさんより、表記のご案内をいただきましたので、ご紹介します。
ahifacebook
ahiinstagram
ahifacebook
ahiyoutube
Top