AHI NEWS

AHIニュース関連ブログ④ 2002年~2004年、チャリティ&調査活動 

写真:医療チームによる巡回診療 (RDC提供)

以前は、最寄りの保健センターに行くには、バス停まで12km以上歩き、

そこから50kmの道のりをバスに揺られなくてはいけませんでした。

今は医療チームが集落まで来てくれます。

とはいえ、2つのチームで120の集落を巡回するため、訪問の頻度は十分とはいえません。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

今月、月曜日と木曜日のブログは、

AHIニュース6月号「『信じて任せる。』スターリンさんの次世代の育て方」

に関連するエピソードです。

第4回目の今日は、2002年から2004年までのスターリンさんの活動をご紹介します。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

クリシュナギリの森に暮らすイルラの大人たちのほとんどは、

読み書きができません。

したがって集落や各家庭やそれぞれの生活習慣等についての

統計や記録などはありません。

イルラの全体像や生活の実態を知るためには、

スターリンさん自身が情報を集めてまわるほかありませんでした。

 

スターリンさんはふたたび衣類、米、薬ほか生活必需品を携えて、

先に訪れた集落を訪れました。

家々を訪問して、物資を配り、生活について尋ねました。

男性たちは、昼間は狩りや採集に出かけているため、

たいていは女性や子ども、高齢の人たちが話をしてくれました。

そして他の集落の所在を教えてもらい、

次にそこを訪問する、ということを、2年間続けました。

 

スターリンさんは2年をかけて次のような状況を理解しました。

■ 子どもたちは小学校に入学しても、すぐに行くのをやめてしまう

  通学できる範囲に小学校があるが、

  ひとつは子どもたちが知らないテルグ語で授業が行われている。

  子どもたちが理解できるタミル語やカンナダ語の学校の先生は、

  遠くの町に暮らしていて、一週間のうち1、2日しか学校に来ない。

  そのため子どもたちは学校に行くよりも、

  家畜の世話や、森の中で採集など、家の手伝いをする。

 

■ 女性や子どもの健康状態がよくない

  女性・子どもの多くが貧血症で、特に子どもには栄養失調、低体重がみられる。

  男女とも早婚で、10代で結婚・出産する女性が少なくない。

  ほとんどの女性が自宅で出産しており、妊産婦や新生児の死亡率が高い。

 

スターリンさんは物資を配って話しを聞くだけでなく、

健康のために自分でできることをやるようにアドバイスしました。

家の中や周辺を掃除し、用足しの後や食事の前に手洗いをして、

個人衛生を向上させることの大切さを教えました。

 

イルラの人たちは、スターリンさんとの交流を通して、

暮らしを良くしたいと思うようになりました。

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――

第5回「イルラの人たち、問題を話し合う」は、6月17日(木)です。

 

職員 髙田弥生

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. AHIのある日進市で毎年開催されている「ぐるぐるNISSHIN まちミル博覧会」は今年で6年目。
  2. 2021.10.26

    お芋祭り
    写真は従妹の家のネコチャン。あんまりにもかわいくて、猫好きの方に見せまくってます。
  3. この写真、何かというとゴムです。きれいな青い色のカラーゴムです。幅は3センチ。
ahifacebook
ahiinstagram
ahifacebook
ahiyoutube
Top