AHI NEWS

AHIニュース関連ブログ③ 2002年、イルラとの出会い

写真:イルラの集落への道(RDC提供、2020年撮影)

診療道具や薬を携えた巡回医療チームは、車を降りてから8kmの山道を歩きます。

それでもこの集落はまだアクセスがよい方です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

今月、月曜日と木曜日のブログは、

AHIニュース6月号「『信じて任せる。』スターリンさんの次世代の育て方」

に関連するエピソードです。

第3回目の今日は、スターリンさんとイルラの出会いをご紹介します。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

スターリンさんは指定カースト(ダリット)の出身で、

自分も差別や偏見、貧困を経験してきました。

大学でソーシャルワークを学び、在籍中から社会運動に加わり、

卒業後はNGOで働いてきました。

 

2002年に農村開発協議会(RDC)に入職してすぐ、

クリシュナギリ郡の森にあるイルラの集落を訪れました。

キリスト教系の慈善団体から、生活支援物資を届けてほしいと頼まれたのです。

 

スターリンさんはイルラの人たちの貧しい暮らしをみて心を痛めました。

この状況を何とかしたい、そのためにも彼らのことをもっとよく知ろうと思い、

再び集落を訪れ、2週間滞在しました。

 

とはいえ、イルラの人たちは警戒して、

話しをするどころか、近くにもきてくれません。

スターリンさんは、彼らの小屋から少し離れたところで露営しました。

いくらかの食べ物を持ってきていましたが、水は持参していませんでした。

そのため、動物の水飲み場の水を飲みました。

何日かすると、興味を持った人が話しかけてくれ、

食べ物を分けてくれるようになりました。

 

それから繰り返し集落を訪れ、イルラの人たちと寝食をともにし、

徐々に信頼関係を築いていきました。

 

イルラの集落を訪ねるには、何日も、長い場合は

2週間近く家を空けなくてはなりません。

この頃スターリンさんは結婚したばかりでしたが、

RDCでインターンシップをしたことのある妻は、

スターリンさんの熱意や使命感を尊重し、応援してくれました。

 

――――――――――――――――――――――――――――――――

第4回「チャリティ&調査活動」は、6月14日(月)です。

 

 

職員 髙田弥生

 

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. インパクトあるのに音が丸くて破裂音がふたつだったとしか覚えられなかったフルーツの名前。
  2. 国際研修もいよいよ佳境。
  3. 2021.9.16

    きのこ
    AHIの建物の北、ヒガンバナの脇に赤いものがいくつか見えました。
ahifacebook
ahiinstagram
ahifacebook
ahiyoutube
Top