AHI NEWS

コロナ禍のカラスたち

夕方、お隣りの愛知牧場の上空を飛んでいるカラスの鳴き声が

AHIの事務所にもよく聞こえてきます。

「”そろそろ帰りましょう~♪ ”って、歌っているのかしら」

他の職員が話していますが、いやいやいや、私には

「エサよこさんカ~」にしか聞こえません。

最近、我が家の町内はカラスの襲撃に悩まされています。

可燃ごみを出そうと外に出ると、もう電線にとまってこちらを

見下ろしてます。運が悪いと家の前に生ゴミが散らかされてエライ目

に合うため、ゴミ収集車が来てくれる直前に出さないといけません。

挙句に、飛び立つ際に「ペチャッ」と窓ガラスに置き土産まで!

最初の頃は、カラスの雛がプラスチックを食べたらどうしよう、などと

心配していましたが、、最近はこちらも防戦体制。

相手は賢いカラス、頭脳戦です。

しかし、考えてみればカラスもコロナ禍。必死です。

街中の飲食店が、営業自粛によって生ごみをあまり出さなくなった

ために、住宅街の方に住処を移しているのだとか。

彼らにとってもニューノーマル。お互い共生の道は??

職員 大熊

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. インパクトあるのに音が丸くて破裂音がふたつだったとしか覚えられなかったフルーツの名前。
  2. 国際研修もいよいよ佳境。
  3. 2021.9.16

    きのこ
    AHIの建物の北、ヒガンバナの脇に赤いものがいくつか見えました。
ahifacebook
ahiinstagram
ahifacebook
ahiyoutube
Top