AHI NEWS

名古屋市 幼稚園の日照裁判

ここ数日、愛知県は春のやわらかな陽ざしにつつまれています。

昨日、3月30日は、名古屋市内にある幼稚園の日照をめぐる裁判の判決の日でした。

 

2016年、幼稚園の隣にマンションを建設する計画が持ち上がり、

子どもたちの生活環境を守るために、

園の関係者は何とかマンション建設を止めようと、

不動産会社と協議し(ようとし)たり、行政に相談したり、奔走してきました。

ついには2018年夏に裁判を起こしましたが、その年末にマンションは完成。

それから数年を経て、昨日、2021年3月30日に判決がでました。

それは「条例が求める協議が不十分」という判決でした。

また「園を運営する名古屋教会が、牧師館を撤去しなければ、

日照阻害は受忍限度をこえたいた」として、

園側が求めた賠償請求の一部を認めました。

 

AHIと名古屋教会は長いおつきあいですから、

私たち職員も当初からこの問題に関心をもち、

子どもたちの健やかな成長を願って、園を応援してきました。

 

賠償請求の一部が認められたとはいえ、

マンションはそこにあり続けるので、

子どもたちのおひさまを取り戻すことはできませんが、

それでも多少なりとも救いを感じられる判決であったと思います。

 

詳細は朝日新聞デジタルをご覧ください。

https://www.asahi.com/articles/ASP3Z72XZP3ZOIPE00C.html?iref=pc_photo_gallery_bottom

 

また、3月22日の名古屋教会のブログに

「名古屋教会幼稚園『おひさまを守る会』裁判までの経緯がまとめられています。

ご関心のある方は、こちらもどうぞ。

名古屋教会幼稚園「おひさまを守る会」裁判までの経緯

職員 髙田

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. 私の実家の母は、動物が好きで、あれこれ飼っています。
  2. 監督の原義和さんは、30年前の高校生の時、AHIのスタディツアーに参加されました。
  3. 「SDG4教育キャンペーン2021」では、6政党にSDG4(教育目標)に関するアンケートを実...
ahifacebook
ahiinstagram
ahifacebook
ahiyoutube
Top