AHI NEWS

粘土ゲーム

ずいぶん前のことだけど、インドの女性の研修生が、

アイスブレイクにゲームをしようと言って、何をするか指示をした。

2人ペアになって、一人は粘土役。もうひとりは相手を好きな

ように造形です。手をあげたり、横を向かせたり、首を曲げたり。

その人は粘土なのでされるままでいなければならない。

 

その後の彼女の説明「インドでは、女性はこうあらねばならない。

あああらねばならない。これはしてはいけない。あれはしては

いけない。女性はこういうもんだ・ああいうもんだ」

と周りから決められているのです。

ゲーム自体は楽しかっただけに

何と深刻な、、、と思ったし、自分の意思は反映されない

というのを体感したような気分を覚えている。

 

今私たちの周りにもこういうことはある。性別だけでなく、

いろんな「こういうもんだ」も存在する。

私の母は赤が好きで、髪の毛が短いのが好きで、小学校

くらいまでは赤の服に短い髪。好きな服が選ぶことができて

好きな髪型にできるようになったとき、解放感があった。

でもやっぱり今も赤が好き。

 

インプットされたものはあまり変わらないのだろうか。

抗うものは、自分の外だけでなく、自分の中にもある。

 

職員はやしかぐみ

写真:インドネシア、ソロの保健センターで。2020年1月。

真ん中は職員の清水さん。元気な女性たちに囲まれて。

 

 

 

 

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. 国際研修もいよいよ佳境。
  2. 2021.9.16

    きのこ
    AHIの建物の北、ヒガンバナの脇に赤いものがいくつか見えました。
  3. 春から暑くなったり、長雨が続いたりと気候変動も地球温暖化もいよいよ本格的になったかと...
ahifacebook
ahiinstagram
ahifacebook
ahiyoutube
Top