AHI NEWS

里親を考える

毎年10月は里親月間で、

11月は児童虐待防止推進月間だそうです。

皆さん、ご存じでしたか?

 

AHIの会員のKさんが、先日、里親制度のちらしを

持ってきてくださいました。

 

Kさんご自身も里親になっていらっしゃいます。

そして、もっと里親制度について知ってもらえたらと

同じ立場の皆さんや、元里子だった方と

できる活動をしているとのこと。

 

Kさんは、ご自分のお子さんたちが中学生になり、

手を離れた頃から、里親制度を意識し始めて、

ご夫婦で何度も勉強会に参加し、施設に通ってきたとのこと。

そして今、かわいい女の子を里子に迎えて、

日々、共に暮らしています。

 

養子縁組をして、戸籍上もご自分の子どもとする方もあれば、

短期間だけ預かることもあるそうです。

 

ご自分の子どもが生れなかったことから里親になる方もあれば、

同じような年頃の実子と一緒に育てる方や、

子育てが一段落されてから、里子を預かる方など、

タイミングもそれぞれとのこと。

 

子どもが子どもらしくいるだけで、

楽しかったあの子育て中のことを思い出すと、

多くの方が、里親制度のことに関心をもち、

一人でも多くの子どもたちに、その子ならではという

愛情が注がれるような出会いがあることを心から願います。

職員はさだ

 

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. 日本障害者リハビリテーション協会主催のシンポジウムです。
  2. 最近は朝晩めっきり冷え込むようになりましたね。
  3. “藪から棒” 物事のしかたが思いがけないさまのたとえ。      だしぬけであるさま。
ahifacebook
ahiinstagram
ahifacebook
ahiyoutube
Top