AHI NEWS

【おススメ勉強会7/23】新型コロナ対策の中で考える『薬はだれのものか』

3月にAHIとBiPHさんで稲場さんを囲む会を開催してから4か月。
今度はBiPHさんが主催で開催します(Zoom併用)。
その間私たちがした体験は、まさに、世界の動きと自分のいのち・生活が関わることでした。それはこれからより一層、課題として私たち自身に関わり続けています。
またあの時とは違った新たな視点で「薬はだれのものか」を考えてみましょう!

案内文 BiPHウェブサイトより転載

=========

第67回勉強会:新型コロナ対策の中で考える『薬はだれのものか』 ー医薬品へのアクセスと市民社会ー

日時:7月23日(木)18:30~20:00

話題提供者:稲場雅紀さん

(特活)アフリカ日本協議会(AJF)国際保健部門ディレクター、(一社)SDGs市民社会ネットワーク政策顧問

内容:全世界が同時に直面している新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の危機に際して、「ワクチン・治療薬等を国際公共財とし、全ての人に平等なアクセスを」という構想が生まれています。ただ、これは全世界の支持を受けて進められているわけではなく、「グローバルな対応」と「利益の囲い込み」という相反する動きが混在しているのが、COVID-19をめぐる現実となっています。

(AJFウェブサイトより抜粋)

BiPHは昨年、映画「薬は誰のものか」視聴&勉強会を開催し、「公共財としての薬」をめぐる世界の動きを学びました(AHIとの共催)。COVID-19が様々な格差を生みつつある今、稲場さんのお話を聴きながら、改めて「薬へのアクセス」と市民社会のありようについて考えたいと思います。

方法:対面&Web併用開催

定員:対面10名+Web50名(Zoomミーティング利用)

会場:JICAなごや地球ひろばセミナールームB-1・2

〒453-0872 名古屋市中村区平池町4丁目60-7

https://www.jica.go.jp/chubu/office/access_map.html

*対面参加希望者が5名以下の場合はWeb開催のみになりますので、ご了解ください。

参加費:500円

支払方法:会費に上乗せ(BiPH会員のみ)、または以下の口座へお振込み下さい。
ゆうちょ銀行00870-9-126227 または 三菱UFJ銀行石川橋支店(普通)0055288
シャ)ブリッジズインパブリックヘルス)

申込方法:

下記申し込みサイトより、お申し込みください。
その際、氏名の横に参加方法(対面またはWeb)と支払方法(会費・ゆうちょ・UFJ)を加えてください。(例:瑞穂B子、対面、ゆうちょ)

申込サイト⇒http://plaza.umin.ac.jp/biph/study/1241/
もしくはFBページから⇒https://www.facebook.com/events/1324954034363347/

申込み締め切り:7月18日(土)
*口座振込の場合は同日までにお振込みもお願いします。

ちらし↓

 

 

 

 

 

 

 

 

=====

職員 清水

 

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. この数年、外回りの掃除をしていると、上の写真のように、アスファルトの間に草が生えているのが、...
  2. 「いつもなら研修の真っただ中なのになぁ」と思う瞬間があります。
  3. 日中もさわやかで、気持ちの良い季節になりましたね。
ahifacebook
ahiinstagram
ahifacebook
ahiyoutube
Top