AHI NEWS

最期の時を、明るく迎えるためにも

18日(土)は恒例の

「想いを伝える遺言書の書き方講座」でした。

元職員の平良さんが司法書士になってから、

ずっと関わってくださっている講座です。

 

クイズも交えており、考えたり、笑ったりしているうちに

2時間はすぐに過ぎてしまいます。

 

なごやかな雰囲気の中で、質問も多く出されます。

今回は「姻族、親族」というのはどこまでをいうのかという

質問がありました。

平良さんの応答は「事柄によって、違う」ということでしたが、

皆さんの関心の広さも感じられました。

 

こうやって、自分の遺言書に何を書くのか、

残すものの行方だけでなく、身近な方たちへの感謝や思いやりを

込めることの意義を学んでいきました。

 

自分の最期、どういう状況になるか想像もつきませんが、

素敵な遺言書を作ることができたら、それを見た身近な人たちの

様子を想像して、ちょっとワクワクしながら、

その時を迎えられるかも。

 

次回は11月9日(土)10時~です。

どうぞご予定に。(予約をお願いします)

 

ちなみに、この講座、平良さんのかっこよさや、

楽しい時間だということもあるのか、

リピーターの多い講座です。

何度でもどうぞ。

 

親子で、ご夫婦で、またお友だち同士という方も多いです。

 

職員はさだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. ずっと気になっていたけど、対応してこなかったこと。
  2. 一昨日のオープンハウス、史上初のオンラインでの試みを終え、一息ついたのもつかの間、日常のあれこれは途...
  3. いよいよ3日後に迫った今年のオープンハウス。
ahifacebook
ahiinstagram
ahifacebook
ahiyoutube
Top