AHI NEWS

帰宅困難者対策、日進はどうだろう?

AHIは、TKCという会社の公益法人会計ソフトを

使っているので、そこから毎月、「戦略経営者」という冊子を

送ってもらっています。

ちょっとタイトルからして、ビビりそうな気分になるのですが、

読者は中小企業の経営者を想定しているようで、

いろんなベンチャー企業の紹介や、法律の改正への対応など、

興味深く読めるものも、多くあります。

 

今回の特集は「働き方改革実践へのヒント」ということで、

どう法律が変わり、その対応をどう始めたらいいのか、

また職員の働きすぎをどう防ぐかの実践事例もいくつかあり、

AHIでも、参考にできそうなものもありました。

 

第三特集は「防災対策」です。

その中に「最良の帰宅困難者対策は“帰宅させないこと”」という

記事がありました。

大都市で、大きな地震があった時、普段電車などで通勤している大勢の人が

歩いて帰ろうとしたら、大渋滞が起き、それが消防車や救急車の活動を

阻害するので、

①帰宅させない(しない)

②豊富な備蓄(水や食料)を用意

③安全な避難場所の確保

④災害情報の提供

をし、法人は社員が帰宅しなくても良い状況を

作る必要があるし、さらに可能であれば、買い物や観光などの

行き場のない帰宅困難者をも受け入れること。

 

 

 

 

 

 

 

 

この原稿を書かれている東京大学大学院准教授の廣井悠さんは

「帰宅困難者支援施設運営ゲーム(KUG)」を開発されたとのこと。

http://www.u-hiroi.net/kitaku.html

サイコロを振って、

「帰宅困難者たちがケンカを始めました」

「社員の子どもの友だち5人が受け入れてくださいと言ってきました」

といった、起きるであろう事態にどう対応していくかを

何人かでシミュレーションするものだそうです。

おもしろそうですね。

AHIでも5月に開催したSDGsゲームもそうですが、

ゲーム形式にすると、当事者としてのあれこれを

みんなでシミュレーションできて、理解が深まるだろうと思います。

 

それにしても、帰宅しない方がいい大都市って、

どこまでをいうのでしょうか。

名古屋は大都市かもしれないけど、日進はそこまでじゃない?

でも、どこかの道路で、立ち往生して、緊急車両のお邪魔はしたくないし。

 

何か大きなことがあると、早く家に帰りたいというのは

本能のようなものかもしれませんね。

でも一番切実なのは、家族などの大切な人の安否を知ることか。

だとすれば、そういった人たちとの連絡方法を確実にしておくことが、

災害後に落ち着いて行動するための、一番のポイントでしょうか。

 

職員はさだ

 

 

 

 

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. 私の実家の母は梨を作っています。
  2. 今週21日の月曜日、AHIオープンハウス2020が開催されました。
  3. ずっと気になっていたけど、対応してこなかったこと。
ahifacebook
ahiinstagram
ahifacebook
ahiyoutube
Top