AHI NEWS

値打ちのある人生

機関誌「アジアの健康」10月号に掲載するため、

ネパールの元研修生サンジュさんに記事を書いてもらった。

彼女はめざしているものは、女性ひとりひとりのうちなる

自己肯定感と自分への誇り・尊厳を持てることという。

 

4年前に巡回報告会で招いたバングラデシュのソケールさん。

NGOの支援で、いろいろな研修に参加することで自分が

できることが広がり、「値打ち」のある人生になったと

言った。

ソケールさん(右)、左は元研修生のマゼッドさん。2014年AHIにて。

自分の能力が開花したり、高められたり。そのことで人に

教えることもできたり、人の役に立つこともできる。

自己肯定感とは、自分と他者との関わりを通してこそ、

感じられるものなのだろう。自分を活かすとは、

活かされてこそと言えるだろうか。

職員 はやしかぐみ

 

 

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. ちょっとした発想の転換を促されて、「たしかにねえ~」と思うことって、ありませんか?...
  2. 一般社団法人SDGs市民社会ネットワーク(SDGsジャパン)が、8月12日に新型コロナウイルス感染症...
  3. 空はすっかり秋いつもの9月は、AHI館内は研修生の声がそこかしこから聞こえて。
ahifacebook
ahiinstagram
ahifacebook
ahiyoutube
Top