AHI NEWS

異文化との出会いはじんわり来る?

ある人が自分にとって異文化との出会いは、

小学生の頃だったと書いていました。

その頃アメリカに暮らしていた自分は周りと違うと感じつつ、

同時に日本に帰国したときに、自分もそこに属しているだろう

その人たちを距離を持って見ていたそうです。

 

私にとってはどうだったか。大学生の頃、ネパールとアルゼンチンの女性

が家に来たことがありました。日本に研修に来ているとのことで、同じ年ころ

の私と会うのがいいかと思った父が誘ったのです。ネパールの女性は

当時の私にとっては見慣れないサリーを着ていて、外見もずいぶん違い

ました。一方、アルゼンチンの女性は日系の人で外見は何も違和感が

ありません。でも、座っている様子とかを見ると、まるで反対でアルゼンチン

の彼女はその振る舞いなど、ずいぶん違うなと感じさせるものでした。

ネパールの人は遠慮気味で、なんだか見慣れた感じを持ったのを

覚えています。

それから何年かしてAHIに就職。初めてネパールに行きました。

農村でのホームステイでの経験は初めてのことばかりでしたが、

「異文化体験」とは違うように思いました。固いものがなかなか

噛めず普段やわらかいものを食べているんだなあと思ったり。

足が泥で汚れたままなのがストレスになると感じたり。

初めての経験は、むしろ自分のこと、自分が身につけていることを

自分で初めて気づくようなことでした。

あなたにとっての異文化体験はどんなものですか?

 

職員 林かぐみ

活動地域の村に向かうNGOのスタッフ(2018年ネパールにて)

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. ちょっとした発想の転換を促されて、「たしかにねえ~」と思うことって、ありませんか?...
  2. 一般社団法人SDGs市民社会ネットワーク(SDGsジャパン)が、8月12日に新型コロナウイルス感染症...
  3. 空はすっかり秋いつもの9月は、AHI館内は研修生の声がそこかしこから聞こえて。
ahifacebook
ahiinstagram
ahifacebook
ahiyoutube
Top