AHI NEWS

心の病を乗り越え、村を変えていく~ビシュヌさんの挑戦

心の病を抱える人たちの20~30%が10代の若者たちというネパール。

鬱に苦しみ、その果ての自殺も若者たちの間で近年増えています。

その一方で、行政の取り組みは遅れています。

そんなネパールでメンタルヘルスにとりくむ、2015年研修生のビシュヌさんが、その取り組みを英文ニュースレターで紹介してくれました。

若者たちが心の病を乗り越える場づくり、そしてそれは地域をも変えていく。

英語ですが、よろしければぜひ、読んでみてください!

英文ニュースレター102号(前半)はここからダウンロードできます(ビシュヌさんの記事はP4-6 )↓

http://ahi-japan.sakura.ne.jp/news_letter/NL102_P1-8

 

ここからはブログ限定!

ビシュヌさんの活動の様子を写真で紹介します。

カトマンズから車で数時間、ヌワコットの山奥の村。ビシュヌさんの活動地です。

心の病を抱えている人たちとその家族の自助グループの集まりが始まりました。

ビシュヌさんは、話しやすい雰囲気をつくるゲームで、会合を始めます。

 

ゲームが終わると、次々に自分の思いを話し出すメンバーの人たち。
いつからこんなに苦しい気持ちになったのか、そのきっかけ、今の思い、家族としての悩み。

ビシュヌさんも、メンバーも、熱心にそれを聞きます。

 

 

 

 

 

 

会合のあとは、ビシュヌさんと、ビシュヌさんのトレーニングを受けた、地域のボランティアカウンセラーのもとに、次々と個別の相談をしに、人々が集まってきます。

薬のアドバイス、励まし、行政へのつなぎ。

ビシュヌさんとカウンセラーは丁寧に答えていきます。

滞在は3時間ほど。

こんな会合を各村で重ねながら、ひとりひとりの回復によりそい、

保健センターや病院に自らが意見を出したり、

ボランティアとして、他の人を支えたりしていく場をつくり、

その道筋を支えていく。

時間はかかりますが、地道で、たしかな、ビシュヌさんの活動です。

 

し職員

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. いよいよ3日後に迫った今年のオープンハウス。
  2. ちょっとした発想の転換を促されて、「たしかにねえ~」と思うことって、ありませんか?...
  3. 一般社団法人SDGs市民社会ネットワーク(SDGsジャパン)が、8月12日に新型コロナウイルス感染症...
ahifacebook
ahiinstagram
ahifacebook
ahiyoutube
Top