AHI NEWS

何だったら一緒に食べられるんだ!?

これは、スリランカのP. シバプラガサムさん(通称シバさん)

が言った言葉です。

彼はスリランカに住むタミル人の中でも、少数派の

インド・タミル。イギリスの植民地時代にインド南部から

労働者として移住してきた人たちの子孫です。

タミル人全体では人口の15~16 %ですが、インド・タミル

では数%です。そんなマイノリティとしての苦く長い

経験が今までの彼の原動力になっています。

 

学生の頃仲間で食堂に行ったとき、イスラムの友人は

豚肉はだめだと言い、仏教徒の友人は菜食でないと

だめと主張して、結局何も一緒に食べられなかった

と話しながら、誰もが自分のことばかり主張する。

多数派ならば、強い立場にあれば、それもできるだろう。

でも弱い立場の者はどうすればいいんだ!?

それぞれにどこかで折り合うところを見つけないと。

と話したとき、本当に苦しそうな、そして確固たる様子で

とても強く私の印象に残っています。

 

シバさんがもうすぐ来日します(今、ビザがおりるのを待っているとのこと)

少しずつ焦点を変えて3つの集会を持ちます。ぜひどうぞ。

「少数派として声を上げ続けて」

4月11日(水)18:30~ @名古屋NGOセンター(地下鉄栄東5番出口徒歩3分)

「一杯の紅茶の向こうに スリランカの茶農園から」

4月14日(土)10:00~ @尾張旭市中央公民館(尾張旭駅から徒歩7分)

「一杯の紅茶の向こうに何がある? スリランカの茶農園からフェアトレードを考える」

4月14日(土)15:00~ @グローカルカフェ(名古屋駅新幹線口から徒歩7分)

 

はやしかぐみ

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. 6/5に開催した『夜明け前のうた~消された沖縄の障害者』試写会&座談会。
  2. 憩いの農園って、ご存じでしょうか。JAが経営する、大型の産直のお店です。
  3. 写真:イルラの集落への道(RDC提供、2020年撮影)診療道具や薬を携えた巡回医療チームは、...
ahifacebook
ahiinstagram
ahifacebook
ahiyoutube
Top