AHI NEWS

高校生の輝く瞳

 

 

 

 

 

 

 

AHIの国内活動は、多岐にわたります。

その中でもよく知られているのは、

小学校でのアジア理解プログラム。

多々の近隣の小学校から定期的に依頼があり、

ボランティアの方々と共に頻繁に学校へ出向き、

体験学習を実施しています。

実は、中・高校生対象にも、時折、依頼が入ります。

主に、スタッフ一名が招かれて講演をするのが通例ですが、

今日は、少し、変わり種。

春日井市の某私立高校の1年生26名が、大型バスで、

AHIにやって来ました。

選択授業の一環で『保健医療』の現場を学ぶ、

と選択をした女子24名+男子2名。

 

若々しいエネルギーで、AHI研修室が満たされました!

 

職員Nが語る“世界の健康格差”やインドのカースト制度、

アジアの農村の医師不足や医療の実態、

その陰で失われていく幼い命や妊産婦の健康。。など、

中心にはどんな問題があると思う?

根っこにはどんな原因が考えらえる?

そんな語り掛けに、真剣に思いをはせ、

ハキハキと手を挙げる日本の高校一年生の瞳は、

純粋な『知りたい』という気持ちからか、輝いていました。

あ~、いいなぁ。うつくしいなぁ。

と純粋に彼女・彼たちが放つ可能性に

こちらもワクワクさせられました。

世界はまだまだ知らないことであふれている、

と“気づき”にハッとする瞬間の連続なのだろうな、と。

どうか、彼女・彼らのすすむ未来が、

平和な世の中で満たされていきますように、

と願わずにはいられない、

美しい瞳を湛えた高校生たちとの出会いでした。

 

職員A

 

 

 

 

 

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. 私の実家の母は梨を作っています。
  2. 今週21日の月曜日、AHIオープンハウス2020が開催されました。
  3. ずっと気になっていたけど、対応してこなかったこと。
ahifacebook
ahiinstagram
ahifacebook
ahiyoutube
Top