AHI NEWS

だいすきな絵本

先日、新聞のコラムにあった言葉に“ググッ”と来ました。

『たとえ、ひとりでも いい かんがえなら、

みんなで だいじにするのが、

みんしゅしゅぎの いい ところだろ。

かこ さとし』

この新聞コーナーは、担当筆者が出会った珠玉の言葉たちを

日々紹介するコラムで、毎朝楽しみに読んでいます。

 

ググっ、の後の私の反応は「あ、かこさんだ!😊」

 

かこさとし(加古里子)さんは、

丁寧な絵で自然科学の絵本を多く手掛ける、

著名な絵本作家。ご存じの方も多いのでは?

 

自宅の本棚にも、ずっと昔から、

大切なたいせつな加古さんの『海』

という科学絵本が、

存在感を持って鎮座ましましてます。(笑)

 

 

今回このコラムで初めて知ったのは、

加古さんが、“工学博士”でもある児童文学者だったこと。

なるほど。科学絵本のなかの、細部にわたる丁寧な描写からも、

うなずけます。

まさに、“神は細部に宿る”ことを幅広い世代に

想像力を授けながら教えてくれる絵本を

多々手掛けていらっしゃいます。

 

先述の言葉は、加古さんの『こどものとうひょう、おとなのせんきょ』

という緊急復刻絵本(元は1983年版)に登場する言葉だそうな。

自然科学絵本のみならず、社会的に示唆の深い本も執筆されていることを

このコラムで知りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

昨今、自国優先、多数派優先、の自己中心的政治が世界にはびこるなか、

民主主義の本質を改めて問い直すとき、

きっと礎となる言葉が詰まっている本なのでしょう。

 

AHIの目指すところと、大好きな絵本『海』の著者

かこさとしさん、の接点を見つけた、

ほっこり嬉しい、ある朝でした。

 

職員A

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. 「いつもなら研修の真っただ中なのになぁ」と思う瞬間があります。
  2. 日中もさわやかで、気持ちの良い季節になりましたね。
  3. 私の実家の母は梨を作っています。
ahifacebook
ahiinstagram
ahifacebook
ahiyoutube
Top