AHI NEWS

私が出会ったダリットの人たち①

 

AHI事務局では、11月下旬から12月初めに行われるAHI巡回交流会

「ダリットとして生きる ~インド社会で虐げられてきた人々の声に聴く~」の準備を

すすめています。

 

※ ダリットとは:インドのカースト制度(ヴァルナ・ジャーティ制)の外におかれた人たちの自称の一つ。

  サンスクリット語で「砕かれた」という意味。

 

 

 

「ダリットとして生きる」の広報も兼ねて、私が出会ったダリットの人たちのお話しをさせて

いただきます。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

2016年4月、タミルナドゥ州訪問時のこと。長年、ダリットの人権回復のために働いてきた

元研修生を訪ねました。

「タミルナドゥ州では、ダリット解放運動が強くすすめられてきたから、ダリットのおかれた

状況は随分とよくなった」と言い、ダリットの人たちが住む村に連れて行ってくれました。

そこに住む人たちは、NGOとともに行政に掛け合い、土地の所有権を得て、小さな共有地で

ココナッツを育て、市場で売り、その収益でヒンドゥー教のお堂の建設をすすめているところ

でした。

「小さいながらも自分たちのお堂を持てることがとても誇らしい」と言い、そして明るい顔の

まま、

「今あなたたちが通ってきた道は、私たちは使えない。向こうにある迂回路を使うんだ」とか、

「この前カーストの人から石を投げられて目の上にあたって、片目が見えなくなった」といった

ことも話してくれました。

 

「状況は随分とよくなった」という今でも、日常的にこのような行いがあることに私はショックを

受けました。

そして「いつまでもこんな振る舞いを続けるカーストの人たちは愚かだ」と笑い飛ばすことで、

ダリットの人たちは自身を励ましているようにみえて、何とも言えない気持ちになりました。

 

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 

ダリット出身の講師、ムルガン・カリラトナムさんは、30年以上、差別や偏見と闘い続けてきま

した。それでも彼にはアグレッシブなところがなく、世話焼きで、包容力の豊かさが魅力です。

インド社会で虐げられてきた人々のことを、静かに、でも確かな言葉で語ってくれることでしょう。

どうぞお近くの会場にいらしてください。

【イベント】ダリットとして生きる-インド社会で虐げられてきた人々の声に聴く(11月21日~12月4日)

職員Y

 

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. 一昨日のオープンハウス、史上初のオンラインでの試みを終え、一息ついたのもつかの間、日常のあれこれは途...
  2. いよいよ3日後に迫った今年のオープンハウス。
  3. ちょっとした発想の転換を促されて、「たしかにねえ~」と思うことって、ありませんか?...
ahifacebook
ahiinstagram
ahifacebook
ahiyoutube
Top