AHI NEWS

ハチドリが日本に??!

今日お昼前から、2017年国際研修の評価会のため、

ラウンジで担当スタッフと午後にかけて

机を囲みました。

終盤、窓の外から夕陽が差し込むのに気づくと,

午後4時すぎを回るころ。

まさに″秋の日はつるべ落とし″。

あっという間に日が暮れる今日この頃ですね。

 

夕陽に思いをはせていたら、

愛知県のある山で出会った生き物を思い出しました。

秋の気配を感じ始めた、9月末のつかの間の休日のことです。

 

日本にはいないはずの、ハチドリと思われる鳥?!が

私の目の前の野花の蜜を

器用に細い口ばしを延ばして吸っていたのです。

腰を抜かすほど、驚きました!

 

米国では、普段から、ハチドリ(=Humming birdハミングバード)

を目にすることができます。

一般家庭の軒先に垂らされたバーズフィーダー(餌場)に、

ホバリングしながら、砂糖水を吸いつきに来るからです。

空中で止まって、蜜を吸うので、その可憐な姿を堪能できる

ので、よく見かける光景でした。↓

 

 

 

 

 

 

ハチドリ

 

小さなちいさな鳥で、高速な羽ばたきが

蜂のブーンという音に似ています。

 

でもでも、日本にいるはずのない、ハチドリ。

 

よく見ると私の知っているハチドリとは少し形相が違いました。

 

私が面食らっていると、同行の友人(私の山の師匠)に、その物体は、

『オオスカシバ』

という蛾の一種!と諭されました(笑)。

やっぱり、ハチドリ、愛知県の山に生息してるわけがない(苦笑)。

 

でも、このオオスカシバ、よく似てるんですよ。

蛾には見えなかった!それにしては、デカすぎました。ほら↓。

 

 

 

 

 

 

本日の国際研修評価会中も、『ハチドリ舎』という言葉が出てきました。

つい一ヶ月弱前の9月末、研修生たちが訪問した広島にて、

訪ねたソーシャル・ブック・カフェの名前です。

広島を学んだ人と、広島の人が出会い、想いを共有するカフェ。

雰囲気の良さもあり、研修生達に好評だったのこと。

 

みなさんは、『ハチドリのしずく』という南米エクアドルに伝わる民話を

ご存知ですか。

 

 

 

 

(ハチドリのひとしずくいま、私にできること

辻信一/監修)

燃えさかる森にハチドリがくちばしに水を含んで1滴ずつ落として火を消そうとする話。

「一人ひとりができることをやれば、世界は変わる」

というメッセージが込められた話です。

 

いまの国内外の情勢下で生きる私たちに、このスピリットは

とっても重要、大切、と、思います。

AHIも、同様の思いで、日々の国内外活動や研修を

人づくりという軸足から行っています。

 

そんなハチドリのそっくりさん、″オオスカシバ“なら、

日本でも、ホバリング(空中停止で飛行)してますよ~。

あなたのすぐ近くの身近な自然に。

 

職員A

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. 一昨日のオープンハウス、史上初のオンラインでの試みを終え、一息ついたのもつかの間、日常のあれこれは途...
  2. いよいよ3日後に迫った今年のオープンハウス。
  3. ちょっとした発想の転換を促されて、「たしかにねえ~」と思うことって、ありませんか?...
ahifacebook
ahiinstagram
ahifacebook
ahiyoutube
Top