AHI NEWS

ローカルガバナンスと権利に基づくアプローチ

こんにちは、インターンのひです。

台風のせいなのか、秋が深まったせいなのか、

風が少し冷たく感じますね。

 

今日の午前中のセッションは今週のトピック

ローカルガバナンスと権利に基づくアプローチのまとめをしました。

 

今週はセッションやプレゼンテーションが終わるごとに、

NGO、地方自治体、住民組織の表を使い、

3つの団体がどのように関わるのかまとめていきました。

↑昨日のラジョンさんのプレゼンテーションを基に、

表を確認しながら情報を加えたり、より明確な言葉に変えたりしました。

 

そして今日のまとめの論点として

地方自治体が「当事者」として参画することをサポートする鍵とは?

3者連携を促進するときのNGOの観点とは?

を話し合いました。

まず3グループに分かれ、論点についてのアイデアを

ポストイットに書き出していきます。

 

それから、各グループのアイデアを発表し、ホワイトボードに貼っていきます。

この論点についてのアイデアを発表するときには

活動そのものではなく、その活動の背景にあり、活動を促進するものとは何なのかを

明確にさせることが大切で、詳しく話し合いました。

また、NGOと地方自治体の関わり方として

Supplement(不足しているものを補う)ではなく、

Complement(相互に補完する)ことであり、

共通点を洗い出し、明確な目標を持つ平等なパートナーであることが

大切であると確認しました。

 

そして、ホワイトボードにまとめたアイデアを基にもう一度表を見直しました。

真剣すぎて、数分後…

最終的にみんな自然と表の周りに寄っている(笑)

 

最後に、NGO、地方自治体、住民組織の関わり方のディスカッションまとめを基に、

自分の活動ではどんなことができるのか3グループに戻り、話し合いました。

 

インターン:ひ

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. いよいよ3日後に迫った今年のオープンハウス。
  2. ちょっとした発想の転換を促されて、「たしかにねえ~」と思うことって、ありませんか?...
  3. 一般社団法人SDGs市民社会ネットワーク(SDGsジャパン)が、8月12日に新型コロナウイルス感染症...
ahifacebook
ahiinstagram
ahifacebook
ahiyoutube
Top