AHI NEWS

夏椿と百日紅

昨夜の威勢のいい雷嵐には、驚きました。

一転、今朝は天晴れな陽気の土曜日です。

天も割るかのような昨夜の雷もなんのその、

道端や家庭の軒先に色を添えるサルスベリ(百日紅)

は今朝も健在でした。

その名のとおり、長期にわたって咲き続ける『百日紅』。

漢字のとおり〝ヒャクジツコウ” と呼ばれることもあります。

 

 

 

←百日紅(サルスベリ)

 

私が長きにわたり疑問に感じていた、百日紅=サルスベリ=ヒャクジツコウ

のもうひとつの別名。。。。ナツツバキ。。。?!

夏椿(ナツツバキ)。夏にツバキのような花を咲かせるも、

一日で花が散ってしまう儚さを湛える樹木。

この夏椿も、サルスベリ!の別名を誇るのです。その他、シャラノキとも呼ばれます。

 

 

 

←夏椿(ナツツバキ)

 

 

百日ほども花を咲かせる百日紅、と、一日で花を落とす夏椿。。

どちらもサルスベリの別名を持つ?! はぁ??

っとチンプンカンになっちゃいますよね~。

 

共通するのは、その木肌のスベスベな、なめらかな美しさ。

思わず、頬ずりしたくなるような、やさしいツヤツヤ感。

猿も木からすべり落ちそうな、その滑らかな樹皮。

それが、名前の由来だったのですね。サ・ル・ス・ベ・リ

 

というわけで、夏椿(別名:サルスベリ→ 岡山~広島で使われる夏椿の別名のようです)

と、百日紅(サルスベリ)は、

まったく別種の樹木で間違いないです。(笑)

あ~、モヤモヤがすっきり。

 

ちなみに、三大美幹木 の一つに数えられるのは、ヒメシャラです。

ヒメシャラの木肌も、ツッルツル~。

屋久島の森深く、沢山のヒメシャラに出会った、あの遠い日に今も励まされる

私です。

 

←ヒメシャラ

 

 

 

身近に息づく植物たちの在りように思いを馳せると、

別世界に心が飛び立って、

一日いちにちに元気を運んでくれます。

さ~、今日も沢山のボランティアさんたちとの出会いが待っている!

 

職員 A

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. 一昨日のオープンハウス、史上初のオンラインでの試みを終え、一息ついたのもつかの間、日常のあれこれは途...
  2. いよいよ3日後に迫った今年のオープンハウス。
  3. ちょっとした発想の転換を促されて、「たしかにねえ~」と思うことって、ありませんか?...
ahifacebook
ahiinstagram
ahifacebook
ahiyoutube
Top