AHI NEWS

カンボジアの少年の記事と、研修生キムさん

少し前のものですが、

2017 年7月5日付の朝日新聞GLOBEの記事を

ご紹介したいと思います↓

http://globe.asahi.com/news/2017070400001.html

 

タイトルは、

「カンボジアで生まれたボンヘイの14年」。

著者は、林典子さんというフォトジャーナリストの方です。

 

この記事で紹介されているボンヘイ少年は、

生まれた時から耳も聴こえず言葉を話すこともない「ろう」者。

そして、母子感染によるHIV感染者。

母親は、元夫から感染したそうです。

(夫は、タイなどの海外や都市部へ、出稼ぎにでもでていたのでしょうか)

 

カンボジアでは、成人が感染する数は減っているものの、

母子感染で生まれてくる子どもが年々増えているといいます。

その数、年間2500~4000人とのこと。

 

中でも、彼のような障害を持つ子どもに、

ましてや母親も感染し、家族も失った子どもに、

HIVに感染していること

抗レトロウイルスを定期的に飲むことを、

どのように伝え、どのように理解をしてもらい、

またそのような環境を作っていけるのか・・・

 

と、この記事は問いかけます。

記事サイトより転載
自宅に住み着く犬に頬を寄せるボンヘイ(2009) photo: Hayashi Noriko

同上:ろう学校へ通うボンヘイの送り迎えで自宅と学校を毎日往復する60歳の祖母。嫌がるボンヘイを持ち上げて自転車に乗せる。娘と孫の生活を支えるため、近所の人たちの洋服などを洗濯し、1日100円程度を稼いでいる(2009)
photo:Hayashi Noriko

 

 

この記事を読んで、

ボンヘイ少年が母親を失った後も、

地域で生きていくすべは、なかったのだろうか、

と考えました。

 

今年、研修に参加するキムさんは、

このカンボジアで、HIV感染者・エイズ患者の支援活動をしています。

今まで、感染者の人たちへの相談、

地域の人たちへの理解促進、

感染者グループの声を集めて政府への提言、などをしてきました。

キムさんの団体「抗レトロウィルス薬利用者協会」パンフレットより

 

同上

 

そして、感染者が地域で暮らしてくために、

自分は何をすべきなのか、

何ができるのか。

そのアイディアを掴むため、研修に参加します。

 

 

8月27日から研修がはじまります。

このキムさんに、ぜひ、会いにいらしてください!

彼が思うこと、考えていることを聞いていただけたら、

そして、

みなさんが思うこと、考えたことをキムさんにお話ししていただけたら、

とてもうれしいです。

彼の励みになることでしょう。

 

*ウェルカムパーティは、9月2日(土)16:00よりAHIにて。参加費無料(一品もちより大歓迎!)

そして、

*オープンハウスは10月9日(月・祝日)。こちらも入場無料!

*研修インターンも、お料理ボランティアもまだまだ募集中。

 

お待ちしております。

 

し職員

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. 日中もさわやかで、気持ちの良い季節になりましたね。
  2. 私の実家の母は梨を作っています。
  3. 今週21日の月曜日、AHIオープンハウス2020が開催されました。
ahifacebook
ahiinstagram
ahifacebook
ahiyoutube
Top