お知らせ一覧

【終了】6月8日グローバルヘルス学習会「薬は誰のもの?」

  • 2019.5.10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グローバルヘルス学習会  <ちらしは、コチラ

「薬は誰のもの?- 私たちの健康と世界貿易」開催

ドキュメンタリー映画「薬は誰のものか -エイズ治療薬と大企業の特許権」

を観たうえで、薬を通した私たちの健康と世界貿易の関係、

そして薬のコストをどうとらえればよいかを考えます。

薬にも「特許」があります。映画前半は、南アフリカ政府と製薬会社のエイズ薬
の特許をめぐる裁判を描いています。そして今、東アジア包括経済連携(RCEP)など
の貿易協定において、特許期間をめぐる攻防が行われています。

特許は、多くの資金を必要とする薬の開発を可能にする一方で、

特許期間が延長されれば、安価なジェネリック薬の普及が阻まれることにもなります。
私たちの健康に欠かせない医薬品と世界貿易。「薬のコスト」をどう考えるべきか。

一緒に考えませんか。

◆とき:2019年6月8日(土)14:00~16:30

◆ところ:アジア保健研修所(AHI)(名鉄豊田線「黒笹」下車 徒歩15分)

◆プログラム:

  • 映画上映 (約90分)
  • 質疑応答・意見交換 (約45分)

★コメンテーター 

 西尾彰泰さん(岐阜大学保健管理センター准教授)

  国内およびいくつかの途上国で保健課題に関わる精神科医・産業医。 

樋口倫代さん((一社)Bridges in Public Health代表)

       東ティモールなどで地域保健、プライマリヘルスケアに関わる。

お二人とも、必要な医薬品を必要とするときに人々が手に入れることが

できるかという「薬剤アクセス」という課題に関心を持ち活動されています。

それぞれの立場から発言していただきます。

参加費: 700円 

★定員20名・要申し込み(6月7日まで ただし定員になり次第締め切ります)

★申し込み方法 info@ahi-japan. ne.jp あてに、「グローバルヘルス学習会参加申込」と書き

下記の項目をご連絡ください。

①名前

②住所  〒____________________

③連絡先(メールアドレス・携帯電話)

④ご所属(があれば)

⑤黒笹駅からの迎えの希望があれば 13:47着に合わせて車を出します。

(豊田市方面および伏見方面両方から同時刻着)

◆主催・問合せ: アジア保健研修所(AHI) 担当:林

◆協力:一般社団法人 Bridges in Public Health

★映画の背景説明は下記で見ることができます。(日本語版製作のPARCのサイト)ご関心ある方はどうぞ。
http://www.parc-jp.org/video/sakuhin/siryou/fireintheblood.pdf

 

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. 写真:モンゴル料理 ホーショールモンゴルといえば遊牧! 馬、羊、、、、羊肉!というこ...
  2. 今週の土曜日の午後にAHIで開催される「2030年未来への旅!SDGsゲーム体験会」が記事として今朝...
  3. この写真は我が家の近くの公園の一画です。
ahifacebook
ahiinstagram
ahifacebook
ahiyoutube
Top