国際研修とは

国際研修とはトップ

国際研修情報更新中

国際研修とは

研修では、AHIの会館で合宿をしながら、それぞれの持つ課題を明確にし、活動地域での健康づくりの経験や課題を共有します。
そして、最後に活動計画を立て、それぞれの場へ戻り実行します。
メンバーは、アジア各国で活動を行っているNGOや行政、また住民自身による自立を目指し、組織された住民組織で5年以上の経験をつんだ中核職員です。

選考の流れ

選考の流れ

研修の流れ

※写真をクリックすると大きな写真が見られます。

研修生到着!長旅お疲れ様! 自己紹介名前や趣味、今の気持ちを共有 開講式今日から本格的に研修開始! 予定表真っ白な表を埋めていくのは研修生 分かり合うお互いの状況や活動について 分析する視覚的なツールを使ったりします ウェルカムパーティー色々なボランティアさんと顔合わせ
Week 1
[ Who We Are ]
フリーサンデー日曜日はボランティアさんとおでかけ! 参加研修だけでなく、掃除や朝食も参加型 日本語教室インターンさんが挨拶や文化を紹介 学び合う様々なトピックに関して経験・学びを共有 新たな手法これまでとは違う手法を試してみます 訪問研修1ささしま共生会にてホームレスの現実 ホームステイ一泊二日のホームステイで日本の家庭へ
Week 2
[ Where We Are ]
インプットRBAなどの新しいコンセプトも学びます 友の会日本の事例から学ぶこともあります 共有得意分野やニーズによってシェアします 訪問研修1-2健康都市宣言をした尾張旭市を訪問 訪問研修2-2らくらく貯筋体操を体験しています 別の表現法演劇などの手法も体験して学びます 交流会参加者と通訳を交えてしっかり話します
Week 3
[ Where To Go, How To Go ]
訪問研修3行政について学ぶため日進市役所等へ 川原さん見学AHI創設者川原さんが研修を見学 食事ボラさんと昼夕食を作ってくれるボランティアさん リーダーシップ“草の根”で必要なリーダーシップとは お出かけ?研修室を離れ、向かう先は…? 広島研修平和について学び考えるため広島へ ANT訪問ANT-Hiroshima理事長渡辺さん
Week 4
[ Where To Go, How To Go ]
地元大学生と平和のために活動する学生たちと 基町小学校平和教育などを見学し夜行でAHIへ 関係性の紐関係者の関わりを紐で視覚化 Plan of Action研修のまとめとして、行動計画を作成 閉講式5週間の研修も終わりを迎えます 泉都垂井へ最後の日曜日、日本文化を体験 オープンハウス修了式兼アジアのお祭り
Week 5
[ What Will I Do ]

3つの質問

なぜ研修生にとって国際研修が必要なのか?

●活動を行う上で、それぞれに課題を抱え壁にぶつかることがあります。
自らの課題に対する解決方法を、仲間とともに研修を通じて自ら導き出すことで、現地での活動でさらなる成果をあげることができます。

●現場の経験だけでは視野が狭まり客観的に見ることができなくなることがあります。
一体世界でなにが起こっているのか?それはなぜか?などの最新の情報や、プレゼンテーション手法などを学び実際の活動に役立てます。

●AHIが行う国際研修のようなワーカーとしての基本的な姿勢を問われる参加型研修はあまりありません。

国際研修を通じてAHIが目指しているものはなにか?

●研修を通じて、アジアで活動している人々と出会い繋がって信頼関係を築き、同じビジョンをもつ仲間として、対等なパートナーとして連帯する(協働を始める)ことを目指しています。
また、一方的な関係ではなく研修生とも教える・教えられる関係を築きたいと思っています。

●研修生は、現地でリーダーとしての役割を担います。モノも仕組みも動かしていくのは人です。
国際研修で得た学びは、その人だけのものでなく、現地で支援を必要とするすべての人へと繋がっていきます。
国際研修では、そのことを常に頭において全てのカリキュラムが組まれています。

なぜ参加型なのか?

●私たちは、参加型社会・参加型の保健開発を目指しています。

私たちが考える参加型社会とは、一番弱い立場にある女性や子どもなどを含む村の人たち全てが参加するものです。そのため、現場で活動を行う上では、「参加型社会で求められるリーダーとしての考え方、ふるまい、知識、態度、価値 観、スキル」が必要とされます。
研修はもちろんのこと合宿生活やボランティアをしてくれる日本人との関わり等も含め様々な場面で参加型であることを徹底的に体感し、自らの体験を通じて「参加型とは?」ということを獲得していきます。

● どんな研修でも、本人自身が”学びたい” ”学ぼう”と思うことが大きな効果を生みます。

なぜ?なにを?どう学ぶか?というところから、その場にいる全ての人が考え、参加し、また学びあうことが大切だと考えています。

実績

研修参加者総数 6,000人(1979年~2010年、再研修参加者も含む)
主な研修実施国 インド、フィリピン、ネパール、インドネシア、韓国、カンボジア、日本
主な研修参加者出身国 インド、インドネシア、韓国、カンボジア、スリランカ、タイ、台湾、中国、日本、ネパール、パキスタン、バングラディシュ、ブータン、フィリピン、ベトナム、香港、マレーシア、ミャンマー、ラオス

過去の国際研修の記録

2013年
2014年
2015年
2016年

AHI事務所ブログ(新着)

  1. 今までの真冬の寒さがゆるんで、温かい日となりました。
  2. 昨夜は名古屋駅近くのデンソーオフィスで、最後のプロボノの皆さんとのミーティングでした。
  3. 2017.12.13

    美しい音色に
    さっそくですが、質問です。
Top