AHI NEWS

モンゴル見聞録④ 草原に育つ少年

 

私が初めてモンゴルに出会ったのは、絵本「ス―ホーの白い馬」。

ストーリが切なくて忘れがたいだけでなく、赤羽 末吉さんの絵もステキです。

素朴でありながら、力強さを秘めています。

 

ウブルハンガイ県でス―ホーを彷彿とさせる少年に出会いました。

少年は普段、学校に通うために町のはずれに暮らしていますが、

夏休み中は家族とともに遊牧に出て、家畜の世話を手伝います。

日に焼けた肌と赤いほっぺ。仕事をよく手伝っているんでしょうね。ジャケットと長靴を着こなしています!

ゲルの中では初対面の人を前にして恥かしかったのか、

お祖父さんの後ろに隠れるようにしていたけど、

お母さんが「お客さんに馬をみせてあげなさい」と声をかけられると、

さっと外に出て行きました。

 

私がカメラを掴んで帽子をかぶってゲルの外に出ると、

少年はすでに馬にまたがっていて、私を認めるとすぐに馬を駆けさせてみせてくれました。

さっきまでとは打って変わって、のびのびと、堂々としています。

自分よりも自分の馬をみてほしいという感じが好ましく、

真っすぐな心根のス―ホーを思いださせました。

ウランバートル市に暮らす若者や子どもの中には、馬に乗ることができない人もいます。

少年にはモンゴルの伝統を受け継いでいってもしい。彼が望むなら。

 

職員 髙田

お祖父さんの馬は、白い馬

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. 11/24に来日し、関西や愛知県でたくさんの方に自分たちの活動を伝えてくれているフラ...
  2. 三好丘中学校二年の小野目咲月です。
  3. ここのところぐんぐん寒くなっていますね。スリランカからきた二人も、ありったけの重ね着をして移動。
ahifacebook
ahiinstagram
ahifacebook
ahiyoutube