AHI NEWS

人づくり、どう測る?

先週金曜日、東京で開かれた学習会にAHIの研修職員もスカイプ参加して、

「参加型・質的評価手法」Most Significant Change(MSC)というものを学びました。

・・・コムズカシそうな響きですが、聞いてみると意外にシンプル

と思ってやってみると、やはりなかなかの手応え(汗)・・・

 これは、NPOやNGOなどの事業を評価するときに、数字では表せないような、

「人の行動変容など、質的なデータを集める手法」で、数値評価と

併せて用いられるそうです。

 簡単に言うと、”受益者自身(AHIでいえば現地の人達)が選んだ

最も重大な物語(変化)” を集めて、その中から一番重大なものを

一つだけ選んで、その理由も含めて受益者にフィードバックする・・・

という流れ。

職員もワークをしてみましたが、「なぜそれを選んだか」を話しあう時間に、

それぞれ違う視点がわかり勉強になりました。

AHIの活動は、人を「育てる」こと。

それこそ数字に簡単に表れない物語がいっぱいあります。

その中から選び出すための ”選びポイント” を、研修生たちと一緒に探る、

それがAHIの研修なんだな~~と、腑に落ちました。

 

・・・で、たまたまその帰りの保育園(子どもの迎え)でいただいた園便りに、

最近、育児で話題となっている「非認知的能力」について、ある教授の講演を

もとに書かれていました。

——————————–

「認知的能力」=数がわかる、字が書けるなど、IQなどで測ることができる力」

「非認知的能力」=目標に向かって頑張る力、人とうまく関わる力、感情をコントロールする力など自己と社会性の力といった、IQなどでは測れない内面の力

——————————–

「大人はつい『知的に賢くなったと感じる認知的な能力を重視しがち』だけど

ほんとに大事なのは、うまくいかないときに

「どうしてかな?」「これがだめならああしてみよう」

と頑張る力を身につけること。そして、この力は、

子どもの「主体的」な遊びの中から育つ。

園ではそうした視点で適切なフォローをしていきたい」

というような内容でした。

 

育児と人間開発では全然違うし、論点もちょっと違うのですが、

視点は一緒だな~と思ったのでした。

 

次男の新入学を前に、ちょっと(いや、かなり)安心しました。(←これが本日のメイン)

長文、失礼しまた。

 

(MSCの詳細は一般社団法人参加型評価センターのHPを参照ください https://pecenter.jimdofree.com/)

職員 大熊

 

 

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. 急な冷え込みの影響で、例年より長く楽しめた今年の桜も終わって、AHI事務所の窓から見えるトウ...
  2. 日本はもうすぐ10連休です。
  3. 今日、AHIの事務所のホワイトボードに小さなメモを見つけました。
ahifacebook
ahiinstagram
ahifacebook
ahiyoutube
Top