AHI NEWS

働かざる者、食うべからず ~初めての米つき in フィリピン~

3週間のフィリピン出張から戻りました。

 

リサール州タナイ町、先住民ドゥマガの人たちが暮らす山あいの村に2泊。

そこで生れて初めての「米つき」を体験。

 

杵を垂直に、力強く突き落とさないと、お米が臼の外に散らばってしまう。

やっているうちにコツが分かってくるけど、思うようにはできない。。

10回ほどついては、ひと休み。

「ニワトリたちはラッキー&ハッピーね!」

「米つきとニワトリのエサやり、同時に2つの仕事をするなんて、

さすが日本の人は働きものだね!

ところで、それは明日の朝食用かい? それとも夕食用かな?」

と からかわれても、息切れして言い返すこともできず。

 

2時間かかかって米をつき終え、もみ殻を取り除いてもらって、

白いお米を手にしたときの感動といったら・・・!

 

米つきの仕事は2~3人で交代しながらやるそうです。子どもたちもやります。

多めについて保管しておくことはあるけれど、ほぼ毎日やらないといけないこと。

食べるためには労働しないといけない。

「生活する」っていうことについて、考えさせられますね。

 

 

 

職員 高田

 

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. 2014年ノーベル平和賞を受賞した、インドの人権活動家・カイラシュ氏。
  2. AHIが加盟している、障害分野NGO連絡会(JANNET)の勉強会のご案内です。
  3. 1月30日に、はんだまちづくりひろばが主催された、「伝えるコツ」セミナーin半田 に参加して...
Top