AHI NEWS

どちらが理にかなっている?

インド中部の都市に駐在をしていた経験がある

Hさんから聞いた話。

 

会社の近くで、たばこを売っている男性がいた。

多くの人は、1本単位で買っていく。

Hさんは1本ずつではすぐなくなってしまうので、

箱単位で買おうとして、1箱くれと頼んだ。

そうすると、1本の値段 × 1箱にはいっている本数

よりも高い値段を言われた。1箱買うのだから、値引きが

あってもよいものだろうに、なんで高いんだと

文句を言った。そうしたら、

「あんたは1箱買えるくらい、お金を持っている。

だから余分にはらってくれてもいいだろう」

 

Hさんはそれを聞いて妙に理にかなっている気が

したと言う。私もその話を聞いて、妙に納得した。

それに加えて、Hさんのしなやかさも思った。

 

金融関連のデジタル化、キャッシュレス化を

進めるインド政府。人々の状況を把握し、

所得の管理することで徴税も効率化し、

ビジネスの基盤となる金融インフラも整備される。

今まで銀行などとは縁のなかった人にも金融

資本が近くなる、、、、、というのが政府の

考えだろう。

 

街中では、清潔なスーパーマーケットが増えて、市場や

路上での物売りも影をひそめていくのだろうか。たばこ

売りのおじさんもおじさんのの「道理」も消えたの

だろうか。

 

職員はやしかぐみ

 

写真 ↓ 南インドの村でもいつか現金が使えなくなる!?

 

 

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. 2018.12.13

    AHIの若返り
    AHIを訪れるボランティアの方が、「研修が終わってAHIが静かになった」と言われます。
  2. 先日Facebookで流れていた「パーム油」に関する動画(最初のシーンで店の商品をバンバン落とす親子...
  3. 12月9日(日)は、愛知淑徳大学のCCC(コミュニティコラボレーションセンター)のコ...
Top