AHI NEWS

AHIのアンネのバラ

2015年8月に、地域のイベント「平和のつどい」で購入して以来、

AHIの敷地には「アンネのバラ」が植えられています。

 

アンネのバラは、1960年に、

「アンネの日記」のアンネ・フランクに捧げるとして、

ヨーロッパの園芸家が、自分の交配した最も美しいバラを

アンネのお父さんのオットー・フランクの同意のもとに

「アンネ・フランクの形見」と名付け品種登録したとされています。

1972年にオットーと交流のあった日本の合唱団に

オットーからこの苗木が送られ、日本で「アンネのバラ」として

知られるようになり、平和のシンボルとして広まっていったものです。

 

今日はたまたまなのですが、

それぞれ別々にAHIを訪ねてきたお2人の方から、

このバラを分けてほしいとのお申し出をいただきました。

 

このうちお一人の方は植物のことにとても詳しい方で、

あらためてバラの手入れの仕方を教えていただきました

(AHIのアンネのバラの木が小さく弱々しいので、

ずいぶんご心配をいただきました・・)。

地植えになっているので、

環境とバラの持つ力で育ってくれるものかと思っていましたが、

バラは肥料が必要です、秋には施肥してくださいとのこと。

また夏には基本的に毎夕、たっぷり水やりが必要です、と。

 

いろいろ具体的なことを教えていただいたのですが、

私自身は、植物を枯らしてしまう名人で・・

(わからなくて水をやりすぎたり、

逆にやりすぎたと思って控えすぎたり・・)、

周りの職員もこれからの季節、忙しくなる一方です。

 

どなたかバラの手入れがお好きな方、

AHIのアンネのバラも見てみていただけませんか。

せっかく手に入れた平和のシンボル、

これからも元気に咲かせたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑↑↑

写真は今年の5月初旬に撮影したものです。

 

職員とり

 

 

 

 

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. 2018.9.22

    阿智村訪問
    9月20日の朝から一泊二日で研修生と阿智村に行って参りました。
  2. 国際協力を行うNGOであるアジア保健研修所(AHI)が、毎年体育の日に開...
  3. 今日は、研修以外のところから研修生の生活をのぞいてみます。
Top