AHI NEWS

“ちゅらさん”の日

『ちゅらさん』(2001年NHK朝の連続テレビ小説)の主人公、えりぃ、

を覚えておられる方、多いのではないでしょうか?

当時、沖縄“癒しの島”ブームの火付けとなったドラマです。

『ちゅらさん』をきっかけに、沖縄ファンは急激に増えました。

 

今日は、その、国仲涼子さんが演じた、えりぃ、の誕生日って、

ご存知でしたか?

このドラマの放送第一回目は、えりぃ、がオギャアと生まれた、

1972年5月15日、という設定。

もうお気づきの方もいらっしゃるかしら?

そう、主人公えりぃは、≪ふっき(復帰)っこ第一号≫。

彼女の誕生日が、当時こよなく愛されたドラマの始まりだったのです。

 

えりぃが実在していたら、今日で46歳。

すなわち、沖縄の『本土復帰の日』から、46年です。

 

46年前の今日を境に、沖縄の貨幣は、

アメリカドル➡日本円に。

車両は、右側通行➡左側通行に。

ウチナンチューが本土に行くために、パスポートは不要に、

なりました。

 

沖縄では、“ゆがわり(世替わり=世の中の大きな変化)”の日、でした。

 

本土になったはず。それでも、アメリカ軍基地は無くなりませんでした。

新たに日本の自衛隊がやってきたのも、本土になった46年前の今日。

 

あれれ?

沖縄中の皆(ウチナンチュー)が、切望し、思い描いていた本土なみ、

と現実が全然ちがう。。それは、今もって続いている。

 

ウチナンチュー(沖縄に住む人達)は、よく口にします。

「小指の痛みは、全身の痛み。」

だれか1人が苦しんでいたら、それはうちなー(=沖縄)

全体の痛みにつながる。。

同時に、沖縄は本土のほんの1%未満の大きさでも、

日本全体の痛みにつながるんだよ、

という意味とも捉えることができます。

 

『ちゅらさん』のえりぃ、の誕生には、ふか~い意図があったこと、

本当に伝えたいことがあったこと、

受け取るだけの知識を、やっぱり本土に住む私たちは持たねば、

と思います。

 

5月15日は、“癒しの島”、だけではない、

美しい島、おきなわ、の現実を

ヤマトに住む私達が日本全体のこととして考える日にしたいなぁ、、

と新月でもある今日、

爽やかな風に吹かれ思っています。

 

職員ひが あや

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. 国際協力を行うNGOであるアジア保健研修所(AHI)が、毎年体育の日に開...
  2. 今日は、研修以外のところから研修生の生活をのぞいてみます。
  3. 2018.9.18

    資金調達
    本日の午後からのセッションではキルギスのBakuさんが所属する団体の「資金調達」の成功を例に...
Top