AHI NEWS

ジブンゴトになるキーワード~マドゥカさんの場合

 

2013年の研修生、マドゥカさん。

スリランカの漁村で、漁を営む人たちの生活向上や、

その方たちの暮らしの様々な課題にとりくんでいます。

大きな体と対照的な、超らぶりーボイスの持ち主で、印象的な研修生の一人です。

その彼から、「村の若者たちとその親たちを対象に、その地域で昔から行われてきた伝統療法を学ぶセミナーを開いたよ」と報告メール。

テーマは、”how to protect health condition and beauti by using indiginous medicine”(←原文ママ たぶん、”beauty”, ”indigenous”が〇)。

「伝統療法で健康と美を手に入れよう!」

ってところでしょうか。

美容! うまいじゃん、マドゥカさん!

「え~、おじいちゃんがやってたことなんて古くさ~い、信じランな~い」

てな今風の西洋文化に敏感なティーンエイジャーも、

美容とついたらジブンゴト。ついつい耳を傾けたくなるってなもんです。

(てか、私も聞きたかった)

そんな私のコメントに、マドゥカさんは

「そうなんだ。

若い人たちは、いつもきれいでいることを気にしてるからね。

この地域には、僕たちの先祖が使ってきた、たくさんの薬草がある。

その知恵や経験を次の世代に残していかなくちゃいけない」

添付された写真には、こわいくらいに真剣な表情で聞いてる参加者の姿が。(親の人たちのほうがより一層?)

さて、マドゥカさん。

次回はどんなセミナーを考えて、報告してくれるかな~。

2017年12月リユニオンセミナーでのマドゥカさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

し職員

AHIの事務所ブログ(新着)

  1.  昨日ある看護師さんと話した。
  2. AHIに届く様々な団体からのメールに、こんな記事の紹介がありました。
  3. SROI(スロイ)に1日取り組んでいました。
Top