AHI NEWS

私が出会ったダリットの人たち ③

今日、名古屋はぐっと冷え込みました。

AHI巡回交流会の講師、カリさんは中部国際空港からAHIに向かっている途中。

急な気候の変化に体調を崩さないか、心配です。

 

さて、10月末から不定期で掲載してきた「私が出会ったダリットの人たち」もこれで最後。

今日ご紹介するのは、講師のカリさん。

 

カリさんはインド南部、タミルナドゥ州のダリットの家庭の8番目の子として生まれました。

ダリットであるがゆえの理不尽な経験をしながらも、勉学に励み、大学を卒業しました。

その後に勤めたNGOで出会った高カーストの女性と結婚しました。

お互いの家族が長い時間をかけて話し合った末、ようやく結婚に至ったそうです。

 

今、カリさん一家が暮らすのは、新しくつくられた住宅地です。

お互いの家族の同意を得て結婚が叶っても、近所に暮らす人たちが保守的だと、

その地域で暮らしていくのは大変です。

でも新しくつくられた住宅地は、農村に比べて近所づきあいが薄いので、

暮らしやすいのだそうです。

しかし、専業主婦として一日中家にいる奥さんは、ちょっと寂しいかもしれませんね。

ヒンドゥー教徒の家庭の女性の日課、玄関前に「コーラム」を描く、カリさんの妻

 

 

 

 

 

 

 

NGOとしての経験だけでなく、カリさんのパーソナルストーリーからも、

色いろな気づきや学びがあることでしょう。どうぞお近くの会場へ!

【イベント】ダリットとして生きる-インド社会で虐げられてきた人々の声に聴く(11月21日~12月4日)

 

職員Y

 

 

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. 10月9日から12日まで巡回報告会で国際研修参加者のミンミンさん(フィリピン)が関西、愛知、岐阜の大...
  2. 8月26日から10月8日までの国際研修期間中、AHI全体で皆さんと怒涛の6週間を過ごしました...
  3. 8月25日にAHIに到着した研修生たちも、10月8日のネパールの3人を筆頭に、順に帰国の途に...
Top