AHI NEWS

国際研修終了&鴻雁来(こうがん、きたる)

季節が逆戻りしたような、汗ばむ日々が続きましたね。

10/8~22日は、二十四節気の寒露(かんろ)の期間。

七十二候では、10/8~10/13が、鴻雁来(こうがん、きたる)だ、と

10/ 8の朝刊(下:写真入り記事ご参照)を開いて思い出しました。

渡り鳥達は、確実に季節が移ろっていることを知らせてくれます。

雁は、冬鳥。秋にロシア極東から飛来してきて、越冬のため日本にやって来るんですね。

過ごしやすい季節で、個人的には一番好きな時期です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今朝、最後の研修生(ミャンマー出身のEveさん)が日本を発ちました。

他の研修生より2日間延長し、AHI近隣の小学校と名古屋市内の短大にて

自身のミャンマーでの活動内容を紹介してくれました。

一人残って、貴重な時間を日本の若き人々のために割いてくれた

Eveさん。おつかれさまでした。ありがとう。

 

研修中、入口に各研修生の居場所確認のホワイトボードを設置していました。

大多数の帰国の途についた10日にも、研修生の書き込みが。↓

 

 

現居場所(In or Out)⇒ 外出中 (Out)

行き先(Destination)⇒ 自国  (Home)

AHI帰館時刻(Time)⇒ 無限に・半永久的に自国滞在(Infinity)

 

そして、ボトムライン(一番下の行に)赤字で、

Thank you AHI

 

皆が去った後、このホワイトボードを目にして、

思わず目頭が熱く、切ない気持ちに襲われましたが、

そこには、

『自己の現場に戻り″声なき声″をすくい取るため、

AHI国際研修でさらにパワーアップした″志″で挑んでいくぞ!』

という前向きな決意の表れも感じ取られて、

さらに胸が熱くなりました。

 

新しい出会いと旅立ちを経て、

それぞれの新しい1ページがこれから刻まれていく、

そして、出会った仲間とつながり続けていく。

人生の醍醐味ですね。

 

職員A

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. ネパールとタジキスタンの事例から、教育分野におけるCBRの可能性を探ります。
  2. 2008年に国際研修に参加したジョイさんは、イスラム教徒が多く暮らすタイ南部で生まれ、医師と...
  3. AHIが加盟しているカンボジア市民フォーラム主催のイベントです。
Top