AHI NEWS

DET研修から

当日のブログでもご紹介しましたが、

7/3に、AHIで障害平等研修(Disability Equality Training:DET)をしてもらいました。

 

「障害とは何か」をビデオをみたり、紙に書き出したり、

みんなで話したりしながら考えました。

その結果、私自身「そうだったのか!」と思ったのは

多数者を中心としたこの社会のありようこそが

誰かにとって「障害」になっているということでした。

 

実際に障害をもつ皆さんにAHIの建物の中を

一緒に回ってもらったところ、

鏡が高くて見えない。

窓が高くて、見えない。

鍵や取っ手、スイッチの位置が高くて使えない。

そんな指摘をたくさんいただきました。

 

一方で、DETのファシリテーターの近藤さんは

障害の種類(肢体、視覚、聴覚など)が違うと、こうあって欲しいということも

違ってきて、時には相反することもあるので、いつも話し合いながら

加減の良いところをみんなで探っていくしかないと

言ってました。

 

そうなんですねえ。

私たちは、誰にとっても居心地の良い社会を

みんなで作っていくしかないんですねえ。

うまく言えないのですけど、

なんだかとっても納得したのでした。

 

職員はさだ

 

 

AHIの事務所ブログ(新着)

  1. 2017年7月16日の朝日新聞に、こんな記事がありました。
  2. 少し前のものですが、2017 年7月5日付の朝日新聞GLOBEの記事をご紹介したいと...
  3. 今朝から、複数の方が電話やメールで日野原重明さんが亡くなられたことをAHIにご連絡く...
Top